Google Fontsからちょっと面白いフォントがリリース! 商用利用無料、折れ線グラフや棒データを描くためのフリーフォント

折れ線グラフを描画するためのフォント「Linefont」、波形・スペクトル・ダイアグラム・ヒストグラムなどの棒データを描画するためのフォント「Wavefont」が、Google Fontsで利用できるようになったので紹介します。

折れ線グラフや棒データを描くためのフリーフォント

Linefont | Wavefont

フォントのライセンスはSIL Open Font Licenseで、個人でも商用プロジェクトでも無料で利用できます。

まずは、Linefont。
Linefontは中小規模の折れ線グラフ(時系列など)を描画するためのフォントです。値は0~100の範囲でさまざまな文字に割り当てられます。範囲、値、ウェイトはWavefontと互換性があり、視覚的な一貫性を維持しながらフォントを交換できます。

Linefont

Linefont -GitHub

Wavefontは波形・スペクトル・ダイアグラム・ヒストグラムなどの棒データを描画するためのフォントです。Linefontと同様に、値は0~100の範囲でさまざまな文字に割り当てられます。

Wavefont

Wavefont- GitHub

以下、フォントを使用した例です。
下揃え・中央揃え・上揃えにすることで棒グラフから波形・ダイアグラム・ヒストグラムなどを描くことができます。

Wavefont

Wavefont

基本の値は0~100まで揃っており、さまざまな値を表示できます。また、U+0100-017Fで0-127の値を表示できます。

Wavefont

Wavefont

Wavefont

Wavefont

フォントの利用、ダウンロードは、下記ページから。
ダウンロードするには「Select this style」をクリックし、サイドバーの「Download all」をクリックするだけです。

サイトのキャプチャ

Linefont | Wavefont

Linefont, WavefontWavefontを使用してどういった折れ線グラフや棒データが描画できるかはデモページが用意されています。

Linefontはたとえば「123456789」と文字を入力すると、それらの値の折れ線グラフを表示できます。

サイトのキャプチャ

Linefont Demo

Wavefontも「123456789」と文字を入力すると、それらの値の棒グラフを表示できます。

サイトのキャプチャ

Wavefont Demo

sponsors

top of page

©2023 coliss