Photoshopの選択範囲や切り抜きはこれが一番簡単で正確!CC 2021で進化した選択範囲とマスクの作成

Photoshopで選択範囲やマスクを作成したり、画像を切り抜く時はいろいろな方法が用意されています。しかしCC 2015.5からの「選択とマスク」、CC2018の「被写体を選択」を一度使ってしまうと、ほかのやり方には戻れないくらい簡単で、そして正確に作成することができます。

そしてさらに進化したPhotoshop CC2021での「選択とマスク」「被写体を選択」の使い方を紹介します。
ちなみに、下の作業時間は1分かかっていません。

Photoshopの選択範囲と切り抜き

写真: ぱくたそ

更新情報


  • 2020/10/22: Photoshop CC 2021のリリースに合わせて内容をアップデート

「選択とマスク」「被写体を選択」の起動方法

「選択とマスク」「被写体を選択」を起動するには、いくつかの方法が用意されています。

  • Photoshopのメニューから選択。
  • 自動選択ツール(W)を選択時、オプションバーからを選択。
  • オプションパネルから選択。
  • キーボードのショットカット。
Photoshopのメニューから選択
メニューの「選択範囲」から、「選択とマスク」「被写体を選択」を選択
メニューから起動できるので、画像を開いていれば、いつでも起動できます。
オプションバーからを選択
自動選択ツール(W)を選択時、オプションバーから「選択とマスク」「被写体を選択」を選択
自動選択ツール(W)を選択している時は、オプションバーに表示されます。
プロパティパネルから選択
「レイヤーマスクを追加」し、プロパティパネルから選択
レイヤーパネルの下部「マスクを追加」をクリックすると、プロパティパネルから「選択とマスク...」を選択できます。

レイヤーパネルを選択時には、「被写体を選択」が表示されます。

プロパティパネルから選択
キーボード ショートカット「command+option+R」
レイヤーパネルで適用するレイヤーを選択し、command + option + R を押すと、「選択とマスク」が起動します。
慣れると、この起動方法が簡単です。

選択範囲に欠かせないツール

「選択とマスク」では、選択とマスクに特化したツールのみで構成されているので、作業を集中しておこなえるのがいいですね。
適用するレイヤーを選択し、「選択とマスク」を起動してみます。

「選択とマスク」のワークスペース

「選択とマスク」のワークスペース

左にツール、上にツールのオプション、右に属性のパネルで、構成されています。

「選択とマスク」のツール

左のパネルは、標準と同じツールと新しいツールが用意されています。

  • クイック選択ツール(W)
  • 境界線調整ブラシツール(R)
  • ブラシツール(B)
  • オブジェクト選択ツール(W)
  • なげなわツール(L)
  • 手のひらツール(H)
  • ズームツール(Z)

Wで、クイック選択とオブジェクト選択が入れ替わります。

ツールのオプション: 追加と削除
ツールのオプション: 追加と削除
各ツールには追加と削除のモードがあります。
  • 追加モードの時にoptionを押すと、選択範囲を削除できる削除モードになります。
  • 削除モードの時にshift押すと、選択範囲を追加できる追加モードになります。
クイック選択ツール(W)
クイック選択ツール(W)
クイック選択ツールは、Photoshopの標準と同様に動作します。
選択時に最初に使うツールで、クリック・ドラッグでおおまかな選択範囲を簡単に作成できます。
境界線調整ブラシツール(R)
境界線調整ブラシツール(R)
クイック選択ツールでおおまかな選択範囲を作成したら、次に境界線を調整します。
髪の毛など細かいディテールがある場合でも、正確な境界線を作成できます。
optionを押しながら使うと、オリジナルの選択範囲を復活させることができます。
ブラシツール(B)
ブラシツール(B)
境界線を作成した後は、ブラシツールで細かい調整を行います。
ブラシツールは塗りのためのブラシではなく、選択範囲を追加・削除するためのツールです。
オブジェクト選択ツール(W)
オブジェクト選択ツール(W)
画像の中になるオブジェクトを検索し、自動的に選択します。
オブジェクトの形がある場合は、クィック選択ツールより簡単です。
なげなわツール(L)
なげなわツール(L)
なげなわツールは選択範囲の境界線をフリーハンドで作成できます。
option+shiftで、現在の選択範囲との共通範囲を選択できます。
手のひらツール(H)
手のひらツール(H)
手のひらツールは、Photoshopの標準と同様に動作します。
ドラッグすることで、画像のさまざまな部分を表示します。
ズームツール(Z)
ズームツール(Z)
クイック選択ツールは、Photoshopの標準と同様に動作します。
画像の表示を拡大・縮小します。
ブラシの直径・硬さの変更
直径・硬さの変更
Photoshopの標準のブラシと同様に、各ツールのサイズ(直径・硬さ)はcontrol+option+ドラッグで、左右が直径、上下が硬さを変更できます。

選択範囲をさらに正確にする

選択範囲をさらに正確にするには、右の属性パネルは欠かせません。
作業の確認ができる表示モード、選択範囲の境界のサイズを微調整できる設定が揃っています。

表示モードの切り替え

表示モードの切り替え

上記は、点線、オーバーレイ、白地、白黒の順です。

表示モードの選択パネル
表示モード
表示モードは、右の属性のパネルから変更できます。
選択範囲を作成中に表示モードを切り替えて、作業を確認することができます。
  • O: オニオンスキン(オニオンスキンスキームとして選択範囲を可視化)
  • M: 点線(選択範囲の境界線を点線で可視化)
  • V: オーバーレイ(透明なオーバーレイとして選択範囲を可視化)
  • A: 黒地(選択範囲を黒の背景上に配置)
  • T: 白地(選択範囲を白の背景上に配置)
  • K: 白黒(選択範囲を白黒のマスクとして可視化)
  • Y: レイヤー上(選択範囲を透明な領域で囲む)

よく使う表示モードを覚えておくのがベストですが、面倒な人は2つ覚えるだけでも大丈夫です。

  • X: すべてのビューモードなしで表示
  • F: すべてのビューモードを順番に表示
エッジの検出
エッジの検出
選択範囲の境界領域のサイズを指定します。シャープにするには半径を小さい値で、ソフトにするには大きい値に設定します。
「スマート半径」をチェックすると、境界領域を可変幅に設定できます。
グローバル調整
グローバル調整
境界領域を滑らかに・ぼかし・コントラスト・エッジをシフトの各項目で調整できます。
出力設定
出力設定
「選択とマスク」のワークスペースでの出力を設定できます。
「不要なカラーの除去」をチェックすると、カラーのフリンジを完全に選択された近隣のピクセルのカラーで置き換えます。
作成した選択範囲の出力先は、「出力先」のプルダウンから選択できます。
左下のくるっとした矢印アイコンはリセットで、ワークスペースを開いたときの状態に戻します。

参考

sponsors

top of page

©2020 coliss