計画停電の備え:サラダオイルランプの作り方

計画停電の備えとして、サラダオイルランプを作成してみました。
その作り方とレポートを紹介します。

サラダオイルランプの写真

[ad#ad-2]

ご利用にあたって

ご利用するにあたって、余震による転倒、ガス漏れによる引火など、ロウソクと同等の扱いをした方がよいと思います。
こういった危険性が無くなり、計画停電のためにご利用ください。

転倒時対策として、水を張った桶に浮かべて設置する、というアドバイスをいただきました。

サラダオイルランプの材料

  • サラダオイル
    3時間点灯で5ccくらい
  • ガラスのコップ
    ジャムや桃屋でも可(低い方が便利かも)
    安定して置ける形状の物
  • アルミホイル
    市販の25cm幅の3cm分
  • 炎の芯となるもの
    ティッシュやクッキングペーパー
  • 芯の穴開け
    鉛筆でも爪楊枝でも可

サラダオイルランプの作り方

作り方は、下記を参考にしました。
実際に作成して、ポイントとなるのは

  • アルミホイルの長さは、容器の高さに依存します。
  • 芯はぎゅっとねじる方がいいです。
    アルミホイルから上に出すのは、短めに。
  • ガラス瓶にいれるサラダオイルは、芯が傾かない程度の少量で足ります。
    ※ホイルを長めにする。
サイトのキャプチャ

ほのぼのあかりのつくり方

[ad#ad-2]

サイトのキャプチャ

芯の作り方

サラダオイルランプを使った感想

ジャム瓶をつかって実際に3時間点灯してみたところ、微量のサラダオイルで灯りました。
ロウソクの代わりには、十分なると思います。

注意点

火を使うので、火事にはくれぐれも注意してください。

3時間灯すと、さすがに瓶が熱くなります。
瓶の口を持てないことはないですが、移動時にはお盆などにおいた方がいいかもしれません。

sponsors

top of page

©2018 coliss