新しさを感じさせる和のデザイン手法! 伝統文様から最近のトレンドまで解説されたデザイン書 -和モダンデザイン

和を感じるモダンなデザイン、日本の魅力を伝えるとっておきのデザインアイデアとその作り方がまとめられたデザイン書を紹介します。

「新しさ」や「新鮮さ」を感じさせる和のデザインがたくさん収録されており、伝統文様などの定番素材の使い方から最近のトレンドをおさえたデザインテクニックまで、さまざまなアイデアが収録されています。

和モダンデザイン

けっきょく、よはく。」「ほんとに、フォント。」「あたらしい、あしらい。」「3色だけでセンスのいい色」(リンクは紹介記事)など人気が高いデザイン書の著者ingectar-eの新刊、和のデザインは初じゃないでしょうか。

「かろやか」「はなやか」「おごそか」「いまよう」など、9つのテイストに分類した和のデザインアイデアが本書に詰まっています。

和モダンデザイン

和モダンデザイン
日本の心をひきつけるデザインアイデア53
ISBN 978-4-7981-7133-3
[Amazonでみる]
[楽天でみる]

著者: ingectar-e
出版社: 翔泳社
発売日: 2022/4/22

Kindle版も発売されています。

版元様より許可をいただいたので、紙面のキャプチャを少しだけご紹介。

紙面のキャプチャ

あきらか: 余韻の残る余白、潔い配色: 和菓子店の広告

本書は53テーマを9つのテイストに分けて、日本の魅力を伝えるデザインの作り方を実例とともに解説しています。レイアウトのポイント、テーマにあった配色(CMYK, RGB)、使用フォントなども分かります。

紙面のキャプチャ

あきらか: 余韻の残る余白、潔い配色: 和菓子店の広告

53の各テーマは4ページ構成で、1,2ページ目はデザインの基本テクニック、3,4ページ目は応用テクニックと残念なNG例・OKになる改善方法が解説されています。

紙面のキャプチャ

コラム: 日本絵画に見る余白

53テーマももちろん勉強になりますが、コラムも充実しています。たとえば、日本絵画では「余白」「間」といった観念があり、あえて空間を残すことで広がりや余情を生み出しています。この考え方は現代にも受け継がれており、余白を効果的に使用することで主役を引き立たせたり、全体的な印象を整えたり、デザインにおいても重要な役割を担っていますう。

紙面のキャプチャ

やわらか: 五感で感じる穏やかな和: 展覧会のポスター

「やわらか」は自然から生まれた文様や素材で描く、五感で感じる穏やかな和です。渋くなりがちな伝統文様は、やさしい色や形にすることで、柔らかな印象を与えます。文様は背景にするよりもデザイン要素として部分的に使用することで、抜け感のあるデザインに仕上がります。

紙面のキャプチャ

さわやか: 知的さも加えた、粋で巧みなデザイン: 酒造の商品ポスター

和のデザインといえば、筆文字フォントもよく使用します。デザイン性の高い筆文字はそれだけで主役になる素材なので、大胆に使用することで筆文字の良さを活かせます。文字の形による余白を効果的に使用したり、金や銀のあしらいを加えて高級感を演出することもできます。

紙面のキャプチャ

はなやか: 艶やかな気品漂う和の様相に華をそえる: 花屋のフェア告知ポスター

和紙などのテクスチャに古い感じの罫線を使用すると、和のデザインにぴったりな下地が作成できます。四季の花を大胆に配置した美しさと生命力のハーモニーは、奥ゆかしくも華やかなデザインになります。

紙面のキャプチャ

いまよう: 新時代の幕開けを予感させる: 漬物店のショップカード

「いまよう」は伝統とモダンが融合したデザイン。日本語がメインのロゴやプロダクトなど、和と洋をミックスして現代的なデザインにすると、どこか懐かしいけどなんだか新しい感じになります。

和モダンデザインの目次

和モダンデザインの目次

和モダンデザインの目次

和モダンデザインの目次

和モダンデザインの目次

和モダンデザインの目次

和モダンデザインの目次

パラパラとページをめくるだけでも、インスピレーションが刺激される一冊です。52のデザインアイデアのコンセプトと作り方の解説も勉強になり、応用テクニックやその他のデザインへの適用方法、こうすると魅力的でなくなるNG例もていねいに解説されており、和のデザインの引き出しが確実に増えます。

和モダンデザイン

和モダンデザイン
日本の心をひきつけるデザインアイデア53
ISBN 978-4-7981-7133-3
[Amazonでみる]
[楽天でみる]

著者: ingectar-e
出版社: 翔泳社
発売日: 2022/4/22

献本の御礼

最後に、献本いただいた翔泳社の担当者さまに御礼申し上げます。

当サイトでは随時、献本を受け付けています。
お問い合わせは下記よりお願いいたします。

sponsors

top of page

©2022 coliss