WordPressのプラグイン:Google Sitemap Generator

「Google Sitemap」用のサイトマップ ファイルを自動で生成するプラグイン「Google Sitemap Generator」を導入しました。

Google Sitemap Generator for WordPress v2 Final

「Google Sitemap Generator」の導入環境

WordPress
WordPress 2.05
導入したプラグイン
Google Sitemap Generator 2.7.1

「Google Sitemap Generator」の導入方法

  1. 上記サイトの「Download」より、ダウンロードします。
    管理画面を日本語で表示させる場合には、「Language pack」もダウンロードします。
  2. ダウンロードした「sitemap.zip」「sitemap-language-pack.zip」を解凍します。
  3. 解凍したファイルの「sitemap.php」と使用している言語と文字コードのファイルを「プラグインフォルダ(/wp-content/plugins/)」にアップロードします。
    ここでは、「sitemap」というフォルダを作成し、3つのファイルを配置して、アップロードしました。
    /wp-content/plugins/sitemap/sitemap.php
    /wp-content/plugins/sitemap/sitemap-ja_UTF.mo
    /wp-content/plugins/sitemap/sitemap-ja_UTF.po
  4. 管理画面の [プラグイン] 画面で、「Google Sitemapsの「アクション」の「有効化(Activate)」をクリックします。
    プラグインの有効化に成功すると、[オプション] のタブに「Sitemap」が追加されます。
    日本語用のファイルをアップロードした場合は、「Sitemap」の画面が日本語になります。
  5. サーバーにサイトマップ用のファイルを用意します。
    「sitemap.xml」「sitemap.xml.gz」の2つの空ファイルを作成し、サーバーにアップロードします。
    ※ここでは、ルートに設置しました。(//coliss.com/sitemap.xml)
  6. 設置した「sitemap.xml」「sitemap.xml.gz」のパーミッションを書き込み可能(666)に変更します。
  7. サイトマップ用のファイルの設置が完了したら、管理画面の「Sitemap」で、「Sitemapの再構築」ボタンをクリックします。
  8. サーバーにアップロードした「sitemap.xml」「sitemap.xml.gz」の2つのファイルにサイトマップのデータが書き込まれているか確認します。
    正常に書き込まれていたら、成功です。

sponsors

top of page

©2018 coliss