打ち間違しやすい文字を確認できるタイプミス ジェネレーター

有名なブランド名や知っている言葉でも、ついついしてしまうタイプミス。
最近では、そのタイプミスを狙ってドメインを取得し、フィッシング詐欺にも利用されてしまっています。

そんなタイプミスがどのように打ち間違いやすいかをタイプミスのジェネレーター「Typo Generator」で確認してみるのはいかがでしょうか。

Typo Generator

Typo Generatorのキャプチャ

Typo Generatorの使い方は、簡単です。
左の「Enter one word or phrase per line」に適当な言葉を入力します。
※英語のみの対応のようです。
右にあるチェックボックスをいくつかチェックをし、「Generate typos」をクリックすると、左にチェックした項目のタイプミスしやすい言葉の一覧が表示されます。

Typo Generatorのキャプチャ

Typo Generatorで生成された文字列をみると、どれも打ち間違いしやすそうなのが並んでました。

sponsors

top of page

©2018 coliss