ウイルス セキュリティ ソフトの比較:起動時間と接続速度

ウイルス セキュリティ ソフトをインストールした際、「PCの起動時間」と「ネットの接続速度」の比較が、DOS/V magazineの2007年6月号に掲載されていたので、引用します。

一番興味深いのが、「Kaspersky Internet Security 6.0」でネットの接続速度が落ちてしまうことです。
他のソフトでは影響はたいして無いようですが、明らかにこれだけ接続速度が落ちてしまうのは、いかがなものでしょうか。
※個人的には、なんかの設定ミスのような気がするのですが。

また、CPU負荷率も各ウイルス セキュリティ ソフトごとに異なるので、動作が重くなるなど気になる場合は、注目してもよいかもしれません。
ウイルス セキュリティ ソフトのCPU使用率の比較 | コリス

ウイルス セキュリティ ソフトの比較:起動時間

Windows Vista Businessのデスクトップが表示されるまでの起動時間です。

MicrosoftのWindows Live OneCareの起動時間が長くなってしまうのが、目立ちます。

ウイルス セキュリティ ソフト PCの
起動時間
ウイルスバスター2007 95秒
ノートン 360 110秒
ウイルス セキュリティ ZERO 100秒
マカフィー
インターネット セキュリティ スイート 2007
110秒
Kaspersky Internet Security 6.0 95秒
Windows Live One Care 120秒
セキュリティ ソフト無し 95秒

リンクは、楽天で最安値になっていたお店です。

ウイルス セキュリティ ソフトの比較:接続速度

Windows Vista Businessで、USENのスピードテストを10回行った際の最大値です。

Kaspersky Internet Security 6.0で、かなり悪い数字になっています。

ウイルス セキュリティ ソフト ネットの
接続速度
ウイルスバスター2007 91Mbps
ノートン 360 91Mbps
ウイルス セキュリティ ZERO 90Mbps
マカフィー
インターネット セキュリティ スイート 2007
90Mbps
Kaspersky Internet Secutiry 6.0 15Mbps
Windows Live One Care 91Mbps
セキュリティ ソフト無し 91.5Mbps

リンクは、楽天で最安値になっていたお店です。

sponsors

top of page

©2018 coliss