快適な睡眠をおくるための24のポイント

TYLENOLから、快適な睡眠をおくるための24のポイントを紹介します。

aaa

Quick Tips to Better Sleep

  1. 寝る前、暖かいお風呂にゆっくりつかる。
  2. 睡眠時間は、規則的に確保する。
  3. 寝る2・3時間前には食べない。
  4. 軽い運動を習慣づける(就寝3時間前にはしない)。
  5. 音楽を聴いたり、本を読んでリラックスをする。
  6. コーヒーやお茶に含まれるカフェインの摂りすぎに注意。
  7. 昼寝時間は短く、15~30分くらいにしておく。
  8. 予定が気になる時は、紙に書き留めておく。
  9. 体がほてる際は、冷たい水を枕元に用意したり、薄手の寝巻きにしたり、扇風機をおいたりする。
  10. 15分以上眠れない時は無理に横になってないで、起きて読書などでリラックスをこころがける。
    横になりたくなってから、ベッドに戻る。
  11. ベッドの周りに、植物や花を置くとリラックスする。
  12. 雑踏や物音が気になる時は、ホワイトノイズを流してみる。厚手のカーテンや耳栓なども効果的。
  13. 寝室は日よけなどで暗くする。アイマスクも効果的。
  14. ストレスで眠れない時は、柔軟体操や深呼吸をして心身ともにリラックスをはかる。
  15. 首に痛みを覚える時は、自然に首をささえるような枕にする。
  16. 睡眠の時間やパターンを記録しておく。
  17. 寝室には光る時計は避ける。
  18. 良質のマットレスにする。購入時に少なくとも15分は試してみる。
  19. 自分にあった枕にする。首にあったカーブを持ち、快適な堅さや厚さ、素材のものにする。
  20. いびきをかく人がいる場合は、医者に診てもらうように勧める。改善されるまでは耳栓などを考慮。
  21. 寝室の湿度が合わない場合、加湿器・除湿器を検討する。
  22. 睡眠中に背中に痛みを感じる場合、マットレスが堅くないか、枕が高すぎないかチェックする。
  23. 就寝前の水は、トイレで起きてしまうので避ける。睡眠中のどが渇くのであれば、ベッドのすぐそばに水を用意しておく。
  24. ペットが睡眠を妨げる時は、寝室にペット用のベットを用意する。

sponsors

top of page

©2018 coliss