Adobe Photoshop 20.0.7がリリース、macOS Catalinaで起きていた不具合に対応

先週の10/23にアップデートされたAdobe Photoshop 20.0.7で、macOS 10.15 Catalinaで起きていたいくつかの不具合が解消されたとのことです。
改善されていない問題に関しては、回避策があります。

サイトのキャプチャ

Photoshop and macOS Catalina (10.15)

私は現在、macOS Mojaveを使用していますが、macOS Catalinaでは32ビットアプリが動作しないため、32bitアプリの掃除も含めて、macOS Catalinaは年末あたりにクリーンインストールする予定です。
参考: 32ビットAppとmacOS High Sierra 10.13.4以降の互換性 -Apple サポート

Photoshop 20.0.7で、改善された不具合

Photoshop 20.0.7で、macOS 10.15 Catalinaで起きていたいくつかの不具合が解消されました。

「名前を付けて保存」ダイアログのファイルの拡張子が変更されない問題

Photoshop 20.0.6以下
ファイル形式を変更しても、名前フィールドのファイルの拡張子は変更されません。
Photoshop 20.0.7
ファイル拡張子はデフォルトでは非表示になっていますが、「形式」ポップアップで選択した形式に自動的に一致します。

ドロップレットが機能しない問題

Photoshop 20.0.6以下
ドロップレットは起動しますが、実行できません。
Photoshop 20.0.7
ドロップレットを実行できます。

Appleカラーピッカーがクラッシュする問題

Photoshop 20.0.6以下
カラーピッカーを「Apple」に設定し、2回目にカラーピッカーを開くと、Photoshopがクラッシュします。
Photoshop 20.0.7
「Apple」に設定してもクラッシュしません。

Photoshop 20.0.7で、改善されていない不具合

Photoshop 20.0.7で、改善されていない不具合はまだあります。ただし、回避策があるので、CatalinaでPhotoshopを使用している人はそれで対応可能です。

ファイル名に「コピー」がつなかい問題

Photoshop 20.0.7以下
保存ダイアログで「複製を保存」をオンにしても、ファイル名に「コピー」は追加されません。
回避策
手動で編集して「コピー」を追加するか、名前を一意の名前に変更する。
対応状況
この問題に対処するためにAppleと協力しています。

プラグインが見つからない問題

Webからダウンロードされた、またはドラッグアンドドロップなどの他の方法でインストールされた、公証されていないプラグインで発生する問題です。

Photoshop 20.0.7以下
プラグインを使用すると、「ファイルが見つかりませんでした」というPhotoshopエラー、もしくは「整合性が維持できないためプラグインを開けない」というOSエラーが表示される。
回避策
macOS 10.15用に公証されているサードパーティ開発者から更新されたプラグインを使用する。
macOS 10.15用に作成されていない古いプラグインの回避策
コマンドを使用して検疫フラグを削除できます。

詳しい解説は、下記をご覧ください。

ビデオのレンダリングは開始されるが、終了しない問題

Photoshop 20.0.7以下
「ファイル -書き出し -ビデオのレンダリング」を選択すると、プロセスが完了しません。
回避策
Finderから「システム環境設定」を起動し、「セキュリティとプライバシー」の「プライバシー」タブから「フルディスクアクセス」を表示、左下の鍵アイコンをクリックし、管理者のユーザー名とパスワードを入力し、「+」アイコンをクリックして、Photoshopを追加すると、ハードディスクへのアクセスが許可されます。
対応状況
Adobeのエンジニアがこの問題を調査しています。

inderで[システム環境設定]を起動し、[セキュリティとプライバシー]> [プライバシー]タブ> [フルディスクアクセス]に移動します。左下の鍵のアイコンをクリックして、管理者のユーザー名とパスワードを入力します。+アイコンをクリックしてPhotoshopを追加し、ハードディスクへのアクセスを許可します。

Lens Profile Creatorが実行されない問題

対応状況
「Adobe Lens Profile Creator」は32ビットなので、64ビットにアップデートすることが検討されています。

Camera Rawでの問題

Photoshop 20.0.7以下
消しゴムツールが調整ブラシで機能しない。
調整ブラシの使用時に新規を選択すると、以前に選択したブラシに追加される。
グラデーション調整でブラシ選択ができない。
ラジアル調整の内側を選択できない。
対応状況
Adobeのエンジニアがこの問題を調査しています。

ExtendScript Toolkitが実行されない問題

対応状況
「ExtendScript Toolkit」は32ビットなので、「ExtendScript Debugger 1.1.0」へのアップデートが必要です。

Photoshop 20.0.7のアップデート内容

サイトのキャプチャ

Fixed issues in Photoshop

Photoshop 20.0.7のアップデート内容は、下記の通りです。

  • macOS 10.15 Catalinaの公証アプリケーション。
  • macOS 10.15 Catalinaにて、ファイル形式を変更しても「名前を付けて保存」ダイアログのファイルの拡張子が変更されない問題を修正。
  • macOS 10.15 Catalinaにて、ドロップレットが機能しない問題を修正。
  • macOS 10.15 Catalinaにて、Appleカラーピッカーを使用しているときにクラッシュする問題を修正。
  • macOS 10.15 Catalinaにて、プリセットの保存が機能しない、または「プログラムエラー」が発生する問題を修正。
  • macOS 10.15 Catalinaにて、レイヤーをファイルにエクスポート、レイヤーコンプをファイルにエクスポート、レイヤーコンプをPDFにエクスポートできない問題を修正。

sponsors

top of page

©2019 coliss