webpファイルをPhotoshopで開くことができるPhotoshop CC対応の機能拡張 -AdobeWebP

最近増えてきたwebpファイルをPhotoshopで開くことができる無料の機能拡張を紹介します。

先日ローンチされたGoogleの画像圧縮サービス「Squoosh」もwebpをサポートしており、更にどんどん増えそうですね。

Photoshopのキャプチャ

webpがPhotoshopで開けない

webpファイルをPhotoshopで開く方法

まずは、webpファイルを用意しました。

webpファイル

webpファイル

webpファイルは通常、Photoshopで開こうとしても、「要求された操作を完了できません。Photoshopが認識しない種類のファイルです」と表示されてしまい、webpファイルはPhotoshopで開けません。

Photoshopのキャプチャ

webpがPhotoshopで開けない

しかし、ここで紹介する「AdobeWebP」をインストールすると、Photoshopでwebpファイルを開くことができます。

Photoshopのキャプチャ

webpがPhotoshopで開ける!

Windows 10, macOS Mojaveのどちらでも問題なく動作します。

AdobeWebPのインストール

AdobeWebPは、下記ページの「WebP for Photoshop」からダウンロードしてください。
※WebMはPremiere用です。

サイトのキャプチャ

AdobeWebM -GitHub

macOS版とWindows版があるので、使用OSに合わせてダウンロードしてください。
※Windows版には32bit用と64bit用が含まれています。

インストールは簡単です。「Plug-ins」フォルダに「WebP.plugin」を移動します。

macOS
Macintosh HD\アプリケーション\Adobe Photoshop CC 2019\Plug-ins
Windows
C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019\Plug-ins\

あとは、Photoshopを再起動するだけで、webpファイルが開けるようになります。

sponsors

top of page

©2018 coliss