プロジェクトマネジメントで起こりやすい7つの問題と解決方法

プロジェクトマネジメントにおける7つの問題とその解決方法を紹介します。

サイトのキャプチャ

7 Common Project Management Problems (And How to Solve Them)

[ad#ad-2]

下記は各ポイントをピックアップしたものです。

  1. 曖昧な要件
    プロジェクトがある程度進行しないと、クライアントがどうしたいかはっきりしない場合は、マイルストーンを設定するようにします。明確なステップを設定することで、プロジェクトの最初から最後までが綿密に計画されるようになります。
    もし途中で大きい修正や変更が入る場合は、それに必要な工数をクライアントに明確にし、請求の必要があれば行うようにします。
  2. コミュニケーションによる遅延
    クライアントの返答待ちで、プロジェクトを進めることができないことがあります。これはちょっとしたことで、クライアントの返答を早くもらえるようにする戦略があります。
    それは、「Yes」か「No」で返答できるように質問することです。これは何か新しいものを考え出すよりずっと簡単なことです。
  3. プロジェクトが時間通りに進まない
    単独のプロジェクトの進行でも、複数の同時進行でも、プロジェクトを時間通りに進めることは難しいものです。プロジェクトが遅延すると、クライアントは最優先で、と言うでしょう、しかし、明日別のプロジェクトがピークになる、といった時もよくあります。
    こういった時は、現状を正確に把握し、現実的な時間を割り当てたスケジュールをクライアントに伝えるようにします。もちろん、他のプロジェクトと照らし合わせて、です。
  4. プロジェクトごとに異なる管理を
    全てのプロジェクトに、同じ状況や要件のものは一つとしてありません。その状況や関わる人々、ゴールなど変化します。そのため、全てのプロジェクトを同じテンプレートにする代わりに、それぞれのプロジェクトに必要なマイルストーンを設定するようにします。
  5. クライアントとのコミュニケーション
    あなたが作ったものをクライアントが気に入らない、ということがよくあるなら、これはクライアントとの間にコミュニケーションの問題があります。プロジェクトの技術的な必要条件だけを満たすのではなく、クライアントのことも根本的に理解する必要があります。
    クライアントはなぜ、最初にこれをすることに決めたのでしょうか? そこから理解していきます。クライアントの全体的な戦略上のビジョンとあなたのプロジェクトがフィットしているか確認してください。
  6. コンタクトのポイント
    クライアントのプライオリティリストで高になっていないプロジェクトに取り組むことは失望することがあります。あなたとコミュニケーションをとる担当者はプロジェクトに対して、少ししか興味をもっていません。しかも、そのプロジェクトでは質問することが難しく、答えを得ることは更に難しく、最小限の情報しか提供されません。
    こういったことを回避するためには、決定権のある担当者とコンタクトがとれるように最善をつくすことです。プロジェクトを引き受けるべきか、避けるべきかを決める前に、コンタクト方法を見つけだすことに価値をもってください。
  7. 問題解決のための時間
    プロジェクトであまりにも多くの時間が、バグなどの問題解決に費やされます。そして、これが生産に費やす時間を圧迫していきます。もしこれが問題になるようであれば、スケジュールでもっと多くの時間をテストに割り当てるようにしてください。だいたい予想より倍が望ましいです。スケジュールのラインは伸びますが、これは生産を邪魔する無数のバグから救うものになります。
    また、成果物のリストをクライアントに明確に伝え、そこに何が含まれ、何が含まれていないか明示することで無駄な時間を費やすことがなくなります。例えば、ガイドラインをプロジェクトの始めに設定したとき、最終的にプロダクトとしてクライアントに納品した後、これで仕事は完了です、と伝える必要があります。もし配達が必要であれば、その余分となる費用を追加分として明示します。

sponsors

top of page

©2018 coliss