一ランク上の繊細なテクスチャを作成するPhotoshopのチュートリアル

複数の異なるエレメントを組み合わせて、複雑で繊細なテクスチャを作成するPhotoshopのチュートリアルを紹介します。

テクスチャのキャプチャ

Textured backgrounds in Photoshop
※クリックで拡大

[ad#ad-2]

上記の繊細なテクスチャは複数のレイヤーに、異なるエレメントを組み合わせ、異なるレイヤーの不透明度とモードが使用されています。
Photoshopでのレイヤーの状態は下記のようになります。

サイトのキャプチャ

Photoshopでのレイヤーの状態

下記に、それぞれのレイヤーの各ポイントを意訳しました。
5枚目は、下から5, 6番目のレイヤーです。

テクスチャのキャプチャ
1枚目
「Background(背景)」のレイヤーはトップのレイヤーに影響を与えるカラーを使用。
テクスチャのキャプチャ
2枚目
下から2番目のレイヤーは色相と彩度とレベルを調整した古いペーパーのテクスチャ。レイヤーの不透明度は80%、レイヤーモードは乗算。

[ad#ad-2]

テクスチャのキャプチャ
3枚目
大きいソフトで透明なブラシを使用したランダムなカラーエフェクト。カラーにはピンクとオレンジを使用し、エフェクトを少しソフトにするためにレイヤーマスクを使用しています。レイヤーの不透明度は60%、レイヤーモードはオーバーレイ。
このレイヤーより下の彩度を調整するために、色相と彩度の調整レイヤーを加えています。
テクスチャのキャプチャ
4枚目
彩度を-100にし、さらにざらっとした感じを強調した麻のテクスチャを使用。レイヤーの不透明度は35%で、レイヤーモードはオーバーレイ。
テクスチャのキャプチャ
5枚目
最後は半透明なグランジブラシのエフェクトの2枚のレイヤー。一つは非常に明るいカラーと少し暗いカラーを使用し、もう一つはもっと暗くし不透明度を75%にします。二つともレイヤーモードは標準。

テキストにテクスチャがはめ込まれたエフェクトのチュートリアルは、別ページに説明があります。

サイトのキャプチャ

Photoshop inset effect on text in combination with clipping mask

sponsors

top of page

©2018 coliss