すべてのアプリから色を取得できる!シンプルで使いやすく、高性能なUIデザイン用の無料カラーピッカー -Pika

ブラウザに表示されたWebページはもちろん、Photoshop, Illustratorをはじめとするすべてのアプリからカラーをすくうことができる、シンプルで使いやすい高性能なカラーピッカーを紹介します。

macOS対応のアプリで、オープンソースなので商用でも無料で利用できます。
カラー値は、HEX、RGB、HSB、HSLに対応。

シンプルで使いやすく、高性能なUIデザイン用の無料カラーピッカー -Pika

Pika
Pika -GitHub

Pikaの特徴

PikaはオープンソースのmacOS用カラーピッカーアプリです。

Pikaのキャプチャ
  • ネイティブで非常に高速
    macOS 10.15 Catalina以降対応のアプリです。
  • アクセシビリティ重視
    カラーを比較して、WCAGへの準拠をすばやく確認できます。
  • コンパクト
    メニューバーに対応、必要のないときに邪魔になりません。
  • ログイン時に起動
    設定からログイン時に起動を選択、いつでもクリックまたはショートカットでアクセスできます。
  • アクセスが簡単
    設定からグローバルホットキーを設定できます(⇧⌘Dがお勧め)。
  • カラーのフォーマット
    HEX、RGB、HSB、HSLから選択し、⇧⌘Cで他のアプリにコピーします。
  • オープンソース
    MITライセンスで、商用プロジェクトでも無料で利用できます。
Pikaの特徴

Pika

Pikaのダウンロード

ダウンロードは、下記ページから。

サイトのキャプチャ

Pika

ダウンロードした.dmgファイルをダブルクリックして、アプリをアプリケーションフォルダに移動して使用してください。

Pikaの使い方

Pikaの使い方は、簡単です。
さっそくダウンロードして、使用してみました。

当方M1のHigh Sierraの日本語環境で問題なく動作しました。

Pikaのキャプチャ

Pikaの起動画面

グローバルショートカット、ログイン時起動は、あとからでも設定できます。

Pikaの大きな特徴は、2つのカラーを保持できることです。それぞれのパネルのスポイトをクリックすると、スクリーン上のすべてからカラーを取得できます。
スポイトを使用すると、自動的に拡大鏡の状態になるので便利ですね。

Pikaのキャプチャ

カラーの取得

カラー値はHEX、RGB、HSB、HSLから選択でき、コントラストとWCAGに準拠した評価も表示されます。

カラーのパネルの右上からカラー値をコピーできます。また、⇧⌘Cで表示されている値でコピーできます。

Pikaのキャプチャ

カラーのコピー

右上の歯車アイコンから、ショートカットや値変更などさまざまな設定ができます。

sponsors

top of page

©2021 coliss