calc()以外にもCSSの数学関数が新しく増える!今度はサイン・コサイン・タンジェント sin(), cos(), tan() が追加

CSSの数学関数と言えばcalc()関数、多くの人が便利に使用していると思います。
そんなCSSの数学関数がどうやら増える方向で動いているようです。

CSSで新しく加わる数学関数


CSSワーキンググループのメンバーであるBenjamin氏のツイートによると、CSSに多くの数学関数を追加することで合意した、とのことです。

calc()は日常的に使用している人も多いと思います。CSSの数学関数は、calc(), min(), max(), clamp()はCSS Values and Units Module Level 4で定義されており、それらにサイン・コサイン・タンジェントなどが加わるようです。

  • calc()
    +,-,*,/を使用した四則計算
  • min()
    引数として与えた数の最小値
  • max()
    引数として与えた数の最大値
  • clamp(min,val,max)
    最小値と最大値の間の値の範囲内での中間値
  • sin()
    引数として与えた数のサイン
  • cos()
    引数として与えた数のコサイン
  • tan()
    引数として与えた数のタンジェント
  • acos()
    引数として与えた数のアークコサイン
  • asin()
    引数として与えた数のアークサイン
  • atan()
    引数として与えた数のアークタンジェント
  • atan2(x, y)
    (0, 0)から(x, y)までの半直線とx軸の間の平面上での角度
  • hypot()
    引数として与えた数の二乗和の平方根
  • sqrt()
    引数として与えた数の平方根
  • pow(base,exponent)
    base値をexponent乗した値

sponsors

top of page

©2019 coliss