[CSS]Firefox 3.0/3.5のCSSのバグ情報のまとめ

Firefox 3.xでおこるCSSのバグ(仕様?)をWeb Designer Depotから紹介します。

サイトのキャプチャ

CSS Bugs and Inconsistencies in Firefox 3.x

下記に、その中からいくつか紹介します。

outlineのバグ

Firefox 3.xではoutlineプロパティを使用した場合、内包要素の余剰分が表示されません。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.x

期待される表示は下記のChromeでのように、内包要素があふれでていても影響を与えません。

サイトのキャプチャ

Chrome

border-collapseのバグ

Firefox 3.xではborder-collapseプロパティを使用した場合、ブロック要素の直下に使用するとボーダーが期待通りになりません。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.x

期待される表示は下記のChromeでのように、左端のマージンを確保し、上のボーダーは重なります。

サイトのキャプチャ

Chrome

empty-cellsのバグ

Firefox 3.xではempty-cellsプロパティを使用した場合、期待されるのは表示されない状態ですが、表示されてしまいます。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.x

word-spacingのバグ

Firefox 3.xではword-spacingプロパティを使用した場合、インライン要素に対してマイナスの値を指定しても期待通りに重なりません。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.x

期待される表示は下記のChromeでのように、すべてのwordがそれぞれ重なります。

サイトのキャプチャ

Chrome

text-decorationのバグ

Firefox 3.xではtext-decorationプロパティを使用した場合、フロートした子孫要素に適用すると親要素と同じ装飾が継承されます。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.x

期待される表示は下記のIE8でのように、親要素に指定した下線の装飾が適用されません。

サイトのキャプチャ

IE8

white-spaceのバグ

Firefox 3.0ではwhite-spaceプロパティを使用した場合、「pre-line」をサポートしていません。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.0

期待される表示は、下記のFirefox 3.5でのようになります。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.5

また、「pre-wrap」もFirefox 3.0では期待通りに表示されません。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.0

期待される表示は、下記のFirefox 3.5でのようになります。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.5

page-breakのバグ

Firefox 3.xではword-spacingプロパティを使用した場合、ブロックレベル要素が2ページに分かれてしまいます。

サイトのキャプチャ

Firefox 3.x

期待される動作は下記のOpera 10でのように、リスト要素が収まらない場合は次ページへ配置されます。

サイトのキャプチャ

Opera 10

sponsors

top of page

©2018 coliss