HTMLはシンプルなまま、Webサイトの見栄えをよくするclassレスの超軽量CSSフレームワーク -Almond.css

HTMLはシンプルなままで、モダンなWebページを簡単に作成できるclassレスの超軽量CSSフレームワークを紹介します。

ポートフォリオやブログなどをさくっと作成したい時に便利です。少し手を加えて、CSSリセットとして利用するのもありかもしれません。

HTMLはシンプルなまま、Webサイトの見栄えをよくするclassレスの超軽量CSSフレームワーク -Almond.css

Almond.CSS -GitHub

Almond.CSSの特徴

Almond.CSSは、シンプルなWebサイトの見栄えをより良くするためのclassレスのCSSスタイル集です。CSSのスタイルを正規化してクロスブラウザで同様のエクスペリエンスを提供したり、カスタムスタイルを追加してちょっとしたスパイスを加えることもできます。

サイトのキャプチャ

HTMLのセマンティックなタグとAlmond CSSを組み合わせるだけで(JavaScriptは不要です)、モダンなWebページが完成します。

  • HTMLのタグのみを使用、classやidは必要なし。
  • クロスブラウザ対応。
  • CSS変数とHSLカラーを使用し、簡単にテーマ設定できます。
  • レスポンシブ対応、アクセシブルでユーザビリティにも配慮。
  • 3kBの超軽量サイズ。
  • シンプルでありながら、エレガント。
  • MITライセンス、商用プロジェクトでも無料。

Almond.CSSのデモ

デモでは、HTMLのさまざまな要素のスタイルを確認できます。

サイトのキャプチャ

Almond.CSSのデモページ

サイトのキャプチャ

Almond.CSSのデモページ: アイコン付きリンク

サイトのキャプチャ

Almond.CSSのデモページ: 見出し・リスト

サイトのキャプチャ

Almond.CSSのデモページ: フォーム

サイトのキャプチャ

Almond.CSSのデモページ: テーブル・区切り線・画像

サイトのキャプチャ

Almond.CSSのデモページ: 画像とキャプション・detailsによるアコーディオン

サイトのキャプチャ

Almond.CSSのデモページ: ダイアログ・プログレス・定義リスト・コード表示

サイトのキャプチャ

Almond.CSSのデモページ: プログレスバー

Almond.CSSの使い方

Almond.CSSの使い方は簡単です。

Step 1: 外部ファイル

当スタイルシートを外部ファイルとして記述します。

外部ファイルは、4種類が用意されています。

  • almond.css (rawバージョン)
  • almond.min.css (軽量版)
  • almond.lite.css (アイコンなし)
  • almond.lite.min.css (アイコンなしの軽量版)

npm, Yarnからも利用できます。

Step 2: HTML

あとは、HTMLでページを作成するだけです。

サイトのキャプチャ

Almond.CSSのデモページ

デモページのHTMLは、非常にシンプルです。
※下記のHTMLは一部です。.sectionがありますが、スタイルは特に定義されていません。

sponsors

top of page

©2022 coliss