Illustratorを使ったWebサイトやPDFの制作がよく分かる!一歩踏み込んだ専門的な知識までしっかり学べる良書

Illustratorを使ったWebと印刷用途それぞれの基本操作を学び、Web制作のワークフローにおける活用術、PDF作成をはじめとする印刷を目的としたデータ作成の活用術など、Illustratorの確かなスキルが身につくオススメの本を紹介します。

本の表紙

Photoshopもそうですが、IllustratorもCCになり大きく変わりました。グラフィックやフォント周りだけでなく、Web系の機能も非常に充実し、Web制作でIllustratorを使用しているデザイナーも少なくないでしょう。
プロの制作現場におけるIllustratorの活用方法をしっかり学べる一冊です。その分お値段はちょい高め(涙

本のキャプチャ

Web+印刷のためのIllustrator活用術
[Amazonでみる]
[楽天でみる]

著:
ファー・インク、山本 州
編集:
ファー・インク
出版社:
株式会社ボーンデジタル
発売日:
2016/4/22

版元様から誌面をいくつかお借りしました。
ゆったりした紙面はオールカラーで、操作の具体的な手順が非常に分かりやすいです。

本のキャプチャ
本のキャプチャ
本のキャプチャ

紙面のキャプチャで、中身を少しだけご紹介。

本のキャプチャ

本書は5章構成で、Webデザインと印刷用途で共通するIllustratorの使い方、そしてそれぞれに特化した使い方を学ぶことが出来ます。Illustratorの初心者向けですが、Webや印刷の制作に携わっている人向けの解説書です。

本のキャプチャ

1, 2章ではIllustratorの作業環境・基本操作を学びます。
ここはWebと印刷の共通章で、それぞれの制作で必要なスキルに焦点をあてて解説されています。

本のキャプチャ

WebだとPhotoshopを使う人が多いと思いますが、Illustratorにすることでツール類の使い勝手も大きく異なります。

本のキャプチャ

ベジェ曲線はその仕組みと基本をちゃんと理解するだけで、かなり違うと思います。

本のキャプチャ

CC2015からダイナミック シンボルが利用できるようになり、シンボルの各インスタンスの外観を個別に変更することができます。

本のキャプチャ

Photoshopしか使ったことがない人は、このアピアランスの便利さに驚くかもしれません。

本のキャプチャ

また文字周りもIllustratorは強力な機能を備えています。

本のキャプチャ

3章ではWebのコンテンツや要素を作成していきます。ロゴ、アイコン、ボタン、地図などは、ベクターの独壇場です。

本のキャプチャ

4章はWebのモックアップやレイアウト、そして書き出し。

本のキャプチャ

作業するデータは当然ベクターなので、特にレスポンシブ対応のサイトはPhotoshopより便利だと思います。

本のキャプチャ

SVGも多く利用されるようになりました。SVGの書き出し方をはじめ、IllustratorではSVGフィルタが利用でき、SVGインタラクティビティパネルを使うとJavaScriptを使ったSVGも作成できます。

本のキャプチャ

最後の5章は印刷、といってもWebで利用するPDFも含まれます。単にPDF形式で書き出すだけでなく、仕上がりを考慮したドキュメントを作成したいですね。

Web+印刷のためのIllustrator活用術

  1. 新規ドキュメントの作成と作業環境の整備
    IllustratorでWebデザインを行うメリットとは?
    新規ドキュメントの作成
    Web用に作業環境を整備する
  2. Illustratorの基本オペレーション
    Illustratorのインターフェイス
    オブジェクトの塗りと線
    描画ツール
    ペンツールの描画
    オブジェクトの編集
    パスファインダー
    レイアウト
    シンボルを活用する
    アピアランスを活用する
    レイヤーパネルを活用する
    透明パネルを活用する
    文字ツール
    文字の書式
    写真の配置
  3. Web用のコンテンツをつくる
    アイコンをつくる
    イラストをつくる
    ロゴの作成
    地図の作成
    バナーの作成
    ボタンの作成
    素材の書き出し
  4. Webサイトの作成と書き出し
    サイトの設計
    フレームのデザイン
    素材のレイアウト
    スライスからの画像書き出し
    CSSパネルからの画像・CSS書き出し
    SVGファイルの特徴
    SVGファイルの書き出し
    Webフォントサービスの利用
  5. 印刷物の作成とPDF書き出し
    プリント用のドキュメントの作成
    プリント用データを作る
    プリントする
    ネイティブファイルの印刷入稿
    PDFの書き出し
    PDFをWebサイトで公開する

使い方の説明は明確で分かりやすく、Illustratorを使い始めたばかりの人、これから使ってみようと考えている人でも大丈夫です!

本のキャプチャ

Web+印刷のためのIllustrator活用術
[Amazonでみる]
[楽天でみる]

著:
ファー・インク、山本 州
編集:
ファー・インク
出版社:
株式会社ボーンデジタル
発売日:
2016/4/22

献本の御礼

最後に、献本いただいたボーンデジタルの担当者さまに御礼申し上げます。

当サイトでは随時、献本を受け付けています。
お問い合わせは下記よりお願いいたします。

sponsors

top of page

©2018 coliss