WordPressのショートコードを簡単に作成・管理できる便利なプラグイン -Snippy

WordPressで自分用のショートコードを作成するのは通常、function.phpを触らないといけないので、少し面倒です。管理画面で簡単にショートコードを作成でき、管理もできるWordPressのプラグインを紹介します。

ショートコードはHTML, CSS, JavaScriptに対応しており、単独でも組み合わせても利用できる優れものです。

プラグインのキャプチャ

Snippy

Snippyの特徴

Snippyは、独自のカスタムショートコードを素早く作成できます。
function.phpを編集する必要はなく、管理画面で簡単に作成できます。

サイトのキャプチャ

Snippy

対応しているコードは、下記の通り。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

YouTube動画を埋め込むコード、Googleマップを埋め込むコードなど、自分用にカスタマイズしたコードを簡単に作成することができます。

Snippyのダウンロードとインストール

SnippyはWordPress公式のプラグインページからダウンロードできます。

サイトのキャプチャ

Snippy -WordPress

Snippyのインストール

インストールは、通常のプラグインと同じです。

  1. ダウンロードしたファイルをpluginsディレクトリにアップロード。
  2. 管理画面のプラグインからSnippyをアクティブ化。

インストールが完了すると、管理画面のメニューに「Snippy」が表示されます。

プラグインのキャプチャ

管理画面から「Snippy」をクリック

Snippyの使い方

Snippyの使い方は簡単です。
最初に「bits」でコードを作成し、そのコードを利用するショートコードを作成します。

さっそく使用してみました。
まずは「bits」でコードを作成してみます。

プラグインのキャプチャ

コードの作成

「Name」でコードの名称を決め、「Type」を選択し、コードを記述します。

プラグインのキャプチャ

コードの作成

コード作成が完了したら、下部の「Save」をクリックすると、コードが保存されます。
無事に保存されると、メッセージが表示されます。

プラグインのキャプチャ

コードの保存

次に、「Add Shortcode」に移動し、ショートコードを作成します。
「Name」でショートコードの名称を決め、「Bits」から使用するコードを選択します。完了したら、「Save」をクリックします。

プラグインのキャプチャ

ショートコードの作成

作成したショートコードは、投稿画面からすぐに利用できます。
右端にSnippyのアイコンが表示されるので、そこから作成したショートコードが利用できます。

プラグインのキャプチャ

投稿画面

sponsors

top of page

©2018 coliss