WordPressのサーバー移転メモ:バックアップ編

当サイトで使用しているWordPressのサーバー移転をしたので、その際に行ったWordPressの旧データのバックアップの手順の覚え書きです。

セットアップ編に続く予定です。

Backup WordPress Data for change server

はじめに:移転先の確認

現在使用しているWordPressのデータを保存する前に、移転先が現在と同じ環境で利用できるのか、それともバージョンが異なるかなどを確認する必要があります。

  • 移転先で使用するWordPressのバージョン
  • 移転先のPHPのバージョン

移転先と異なる場合は、事前に旧環境でバージョンアップを済ませてから各データの保存を行います。
※バージョンアップの前には別途、データのバックアップを行います。

1. WordPressのサイトデータのバックアップ

WordPressのサイトデータは下記のものです。

  • WordPressのファイル
    特に.htaccess、wp-config.phpは重要です。
  • 使用しているテーマファイル
  • 使用しているプラグインファイル
  • アップロードした画像などのファイル
  • 他に追加したものがあればそのファイル

サイトデータのバックアップ方法

基本的には全て、FTPでファイルをダウンロードします。

使用していないテーマファイルやプラグインがあれば、同時に整理をします。
移転先をクリーンにしたい時は、WordPressの本体は新規にダウンロードしてセットアップするのも一つの方法です。

2. WordPressのデータベースのバックアップ

WordPressの記事やカテゴリのデータをバックアップする際は、大きく分けて二つの方法があります。

  • データベースからエクスポート
  • WordPressからエクスポート

データベースからエクスポート

多くのサーバーで利用されているphpMyAdminを使用して、WordPressのデータベースをエクスポートします。

phpMyAdminのキャプチャ
  1. phpMyAdminにアクセスし、使用しているデータベースを選択します。
  2. ナビゲーションから「エクスポート」を選択します(上:キャプチャ)。
  3. 「エクスポート」の欄から使用しているものを選択し、「SQL」にチェックをします。
    「全選択」で一括ダウンロードができない場合は、一つずつ選択します。
  4. 次に「SQL オプション」の欄は、下記の項目をチェックします。
    • DROP TABLE / VIEWを追加
    • AUTO_INCREMENT 値を追加する
    • テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む
    • 完全な INSERT 文を作成する
    • BLOBに16進数表記を利用する
  5. 「ファイルに保存する」をチェックし、「圧縮」は「なし」です。
  6. 「エンコーディング」は「non」です。
  7. 最後に、「実行する」ボタンをクリックすると選択したデータのダウンロードが始まります。
phpMyAdminのキャプチャ

エクスポート時の設定(クリックで拡大)

エクスポート時の注意点

異なるバージョンやデータが文字化けしている場合は、下記のものを試してみてください。
どうしてもダメな場合は、次の「WordPressからエクスポート」をお勧めします。

  • 「オプション」の「SQL互換モード」を「MYSQL40」などに変更します。
    インポート時にも同じ設定にします。
  • ダウンロードしたSQLファイルをエディタで開き、文字コードを移転先と同様(UTF-8など)にし保存します。
  • WordPress 2.2以前でデータベースの文字コードをUTF-8に変更するプラグイン
    UTF-8 Database Converter

WordPressからエクスポート

WordPressの標準機能のエクスポートを使用します。エクスポートできるデータは、投稿、ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグの6項目です。
※プラグインの設定などは含まれません。

WordPressのエクスポートのキャプチャ
  1. WordPressの管理画面から、[ツール] - [エクスポート]をクリックします。
  2. 「エクスポートする作成者」から対象となる作成者を選択します。
  3. 「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックするとデータのダウンロードが始まります。

3. WordPressの設定と現況のバックアップ

前述のものとデータ的には同じものが含まれますが、移転後のセットアップの確認に使用します。

ダッシュボードのキャプチャ
  • ダッシュボードの「現在の状況」
  • プラグインの一覧
  • 各プラグインの設定
  • カテゴリの一覧
  • データベース(phpMyAdmin)の管理画面
  • 生成していれば、サイトマップなども

上記項目をテキストやキャプチャで保存しておくと、セットアップやその後の確認に役立ちます。

4. バックアップしたファイルのリスト

上記のものを全てバックアップすると、下記のようになります。

バックアップしたファイルのキャプチャ

sponsors

top of page

©2018 coliss