WordPressの設置後、すぐにやっておきたい10の作業

WordPressの設置後、すぐにやっておきたい10の作業をPro Blog Designから紹介します。

10 Things to do After Installing WordPress

10 Things to do After Installing WordPress

1. パスワードの変更

管理画面の[ユーザー]-[投稿者とユーザー]から、パスワードを変更できます。

訳者注:
ユーザー名:adminはデフォルトのため危険なので、ユーザーを新規追加して運営するのがより安全です。

2. パーマリンク設定

管理画面の[設定]-[パーマリンク設定]で、URL構造を編集します。

訳者注:
パーマリンクの設定方法は、「WordPressのSEO対策(その1):個別URLの最適化」を参照ください。
運営の途中でパーマリンクを変更する場合は、「パーマリンクの変更後、旧アドレスでもアクセスできるWordPressのプラグイン」も参考になると思います。

3. テーマファイルの設定

使用するテーマファイルをサーバーにアップロードし、管理画面の[外観]-[テーマ]からテーマをアクティブ化します。テーマファイルはTheme Directoryに多数登録されています。

訳者注:
当サイトでも多数の素晴らしいデザインのテーマを紹介してします。
WordPressのテーマファイル集

4. カテゴリの設定

管理画面の[投稿]-[カテゴリー]からカテゴリの設定を行います。
あなたの書く記事が分類されるカテゴリを登録します。デフォルトのカテゴリを適切なものに変更します。

5.Akismetのアクティブ化

スパムをブロックするプラグイン「Akismet」を管理画面の[プラグイン]から「使用する」をクリックしてアクティブ化します。
Akismetの起動にはAPI keyが必要なので、WordPress.comでAPI keyを作成します。

6. Google XML Sitemapのインストール

XMLのサイトマップを自動生成するプラグイン「Google XML Sitemaps」をサーバーにアップロードし、管理画面の[プラグイン]から「使用する」をクリックしてアクティブ化します。

訳者注:
旧バージョンですが、「WordPressのプラグイン:Google Sitemap Generator」に設定方法を紹介しています。

7. WordPress Database Backupのインストール

データベースをバックアップするプラグイン「WordPress Database Backup」をサーバーにアップロードし、管理画面の[プラグイン]から「使用する」をクリックしてアクティブ化します。

設定したメールアドレスにデータベースのバックアップを自動送信することができます。

8. ブログのテスト投稿

ユーザーにどのように見えるかダミーの投稿してテストを行います。
Sample WordPress Contentを使用すると、さまざまなフォーマットのダミーコンテンツをテストすることができます。

9. Feedburnerへの登録

RSS Feedのアクセス解析が可能な「FeedburnerFeedburner(日本版))」に登録します。
登録が完了したら、ブログのRSS Feedの記述を変更します。

訳者注:
Feedburnerの設置が簡単にできるプラグイン「FeedSmith」もあります。

10. サイトの解析

無料でサイトのアクセス解析ができる「Google Analytics」を設定します。

訳者注:
プラグイン「Tam-google-analytics」を利用すると、簡単にGoogle Analyticsのコードを配置することができます。

sponsors

top of page

©2018 coliss