熱帯夜でもエアコンをつけずに、少しでも涼しく快適に寝る方法

寝苦しい熱帯夜が続いていますね。
暑すぎて効果は少ないかもしれませんが、一般の家庭にあるものを使って少しでも涼しく快適に寝る方法を紹介します。

Sleep Comfortably on a Hot Night

How to Sleep Comfortably on a Hot Night

下記は各ポイントを意訳したものです。

エアコンの代用

イメージ写真

ファンと氷を使う

氷を浅い洗面器に入れ、ファンとベッドの間に置いてください。位置はベッドの上がいいです。
氷で冷やされた空気によって、あなたは眠りにおちるでしょう。

氷とタオルを使う

椅子を二つ用意し、濡れたタオルを橋のようにかけ、タオルの上に氷をおきます。タオルはベッドとファンの間に置きます。
氷が溶けタオルを冷やし、ファンが冷たい空気をおくります。タオルの下には溶けた水を入れる容器をおいてください。

小道具でベッドを涼しく

イメージ写真

エジプシャン メソッド

寝る際にかけるシーツやタオルを水の入ったスプレーで適度に濡らします。ベッドの下側からファンを使用するとさらに効果的です。水に濡らして軽く絞ったTシャツでもいいでしょう。
これは冷えた状態でいる非常にシンプルでエコな方法です。

濡らした靴下

靴下を冷たい水ですすぎ、それを履きます。足を冷やすことはあなたの皮膚と体の全体的な温度を下げる効果があります。

そばがらの枕

そばがらの枕は体温に影響されず、一晩中冷たく感じるでしょう。

濡らしたタオル

ハンドタオルを濡らし、ベッドに横になったら、額にそのタオルを置きます。ぬるくなったら、ひっくり返して使ってください。

枕カバーを冷やす

枕カバーやシーツ、毛布などを日中にフリーザーにいれて、寝るときに使用します。

睡眠時のポジション

イメージ写真

スプレッドイーグル

翼を広げた鷲(大の字)になって寝ます。熱が集まらず、クールになります。

多くの人がこの方法の有効性について意見が合わないということに注意してください。しかし、若干の人が涼しくなると主張しています。

1階

暖かい空気は上昇します。そのため、寝る場所はより階下が涼しいです。

就寝前の行動

イメージ写真

冷たいシャワーを浴びる

就寝前に、冷たいシャワー・入浴、または冷たい布で体をふきます。体は完全に乾かさない方がいいでしょう。
シャワーや入浴が無理な場合は、冷たい水を頭や手足にかけるのも効果的です。

顔をふく

濡れた布・タオルで顔や腕をふきます。少し湿った状態でファンで乾かします。

手を洗う

蛇口の水で手首や腕の内側を1分くらい洗います。

注意点

訳者注:
体調の悪い方や持病のある方は、医者に相談して実施した方がよいと思います。

  • ファンに長時間直接あたっていると脱水症状を起こすことがあります。
  • 冷たいシャワー・入浴は体の健康状態によって適していないかもしれません。その場合はすこし温かいシャワーを浴びてください。
  • ウォーターベッドで温度を下げると低体温症を起こすことがあります。
  • 溶けた氷水がファンやコードにかからないようにしてください。
  • ファンを使用する際は掃除をしてください。汚いファンでほこりをかぶると鼻炎を起こすかもしれません。

sponsors

top of page

©2018 coliss