サイト更新の種類とタイミング

サイトの運営・管理で大事なことの一つに、サイトの更新・アップデートがあります。

日々更新することから数年ごとに見直しが必要になることまで、サイトの更新の内容をまとめました。

サイトの更新で、毎日・毎週行うこと

  • 「お知らせ」や「ニュース」などの不定期な更新作業
  • メールマガジンやエッセイなどの定期的な更新作業
  • リンクエラーや誤表記などの修正作業
    あってはいけないことですが、気がついたら即対応で。

サイトの更新で、毎月・数ヵ月ごとに行うこと

  • 月や季節に伴う更新作業
    月替わりや季節ごとのキャンペーンなど
  • コンテンツの過不足
    新規コンテンツや不要コンテンツの検討
  • 検索エンジンサイトからの効果測定
    有益な検索キーワードの調査をはじめ、検索エンジンからのサイト来訪者の動向など。
  • アクセス解析を利用して、サイトの効果測定
    広告効果や動線確認、来訪ページなどの調査・検証。
    すぐに直せる課題であれば即対応、大規模な修正が必要な場合はリニューアルを検討する。

サイトの更新で、毎年行うこと

  • 年号修正や採用情報、年末年始をはじめとする休業の案内
  • サイトを利用するユーザー像とユーザーニーズの再確認
    自サイトの再検証だけではなく、競合サイトの調査も行う。
  • サーバーの見直し
    サーバーの要件(転送量や容量など)が適切であるかどうか。
  • ワークフローの再確認
    運用がスムーズに効率的に行われていたか、無駄はないか。
  • アクセス解析ツールの再確認
    アクセス解析ツールが要件を満たしていたかどうか。
    バージョンアップや他社ツールの検討。

サイトの更新で、数年に一度行うこと

  • サイトの役割の見直し
    サイトの存在価値、意味を再確認。
  • サイトのリニューアル
    デザインや性能、仕様・内容などを満たしているかどうか。
    その際、ワークフローに影響がないか注意する。

sponsors

top of page

©2018 coliss