踏まえておきたい、ウェブ制作・開発にフレームワークを使う際の長所と短所

現在、JavaScript, CSS, PHPなど数多くのフレームワークがリリースされており、ウェブ制作・開発に利用している人もたくさんいると思います。
それらのフレームワークを実際に利用するときに、踏まえておきたい長所と短所を紹介します。

サイトのキャプチャ

Pros And Cons Of Using Frameworks

[ad#ad-2]

下記は各ポイント意訳したものです。

はじめに

近道があるのに、なぜ毎日同じことをする必要があるのか問いただすべきです。フレームワークはあなたの作業をより速くより簡単に助ける近道である、と考えてください。ここで「より良く」というキーワードを含めなかったのは、より速くより簡単ということが常に良いことを意味するものではないといことです。

まず、フレームワークとは何でしょうか? ひとつ言えることは、それが実際に使用されることはコンテクストに依存することです。アプリケーションを開発して、コードを再利用することをより簡単にする抽出ツールと定義することができるでしょう。

フレームワークはウェブ開発において通常かかる負荷の軽減を目指すもので、しばしばコードの再利用を促進します。

いざ使用するとなると、フレームワークも他の便利なものと同じで、長所と短所があります。実際にはじめる前に、それらを把握しておくことは非常に重要です。

ウェブ制作にフレームワークを使う長所

  • Efficiency
    フレームワークを使うと、通常何時間もかかって何百行ものコードが必要なところ、それ無しですぐに作業に入ることができます。これは開発がずっと簡単になり、より速くなるので、効率的です。
  • Security
    広く使われているフレームワークは、セキュリティ面でもカバーされています。この大きなアドバンテージはバックにあるコミュニティで、そこでさまざまなチェックが行われています。
    もし、脆弱性やセキュリティホールを見つけたら、フレームワークのサポートチームに修正できるように知らせることもできます。
  • Cost
    たいていのフレームワークは無料です。これはクライアントのためにも、コストが抑えられることになります。
  • Support
    フレームワークには通常のドキュメントだけでなく、サポートチームやコミュニティフォーラムなどで不明な点を解決することができます。

ウェブ制作にフレームワークを使う短所

  • それはフレームワークであって、言語ではありません
    これはもっとも大きな問題です。フレームワークを使用するのは便利ですが、その言語について知識が乏しい場合は、その言語を学ぶのではなく、フレームワークを学ぶ、ということになります。
    例えば、jQueryのコードを学ぶことは、JavaScriptのコードを学ぶこととは異なります。つまり、jQueryを知っているということは、イコールJavaScriptを知っていることではない、ということです。
  • フレームワークの限界
    フレームワークには当然、限界があります。あなたが必要とするその限界を超えた点の修正を強いることはできません。
    利用する際は、そのフレームワークが必要に適しているかどうか確認してください。
  • パブリックであるが故の弱点
    フレームワークは誰でも入手が可能です。それは良くない目的をもった人々でも入手可能である、ということです。それがどのように機能するのか知り、それを使用した場合どのように弱点をつくか見つけるために調査する人もいます。

ウェブ制作に役立つフレームワーク集

元記事では他にもJavaScriptやモバイル用のフレームワークが数多く紹介されています。

[ad#ad-2]

sponsors

top of page

©2018 coliss