Chromeの新機能「メモリ節約モード」と「省エネモード」Web制作時に認識しておくべき重要なことを解説

先日リリースされたChrome 108で「メモリ節約モード(Memory Saver)」と「省エネモード(Energy Saver)」が導入されました。これらは、Chromeがシステムリソースをどのように利用するかをユーザーがより詳細に制御できる機能です。

ユーザーとしてはメモリ節約モードも省エネモードも嬉しい機能ですが、Web制作者は認識しておくべき重要なことがいくつかあります。

Chromeの新機能「メモリ節約モード」と「省エネモード」Web制作時に認識しておくべき重要なことを解説

What developers need to know about Chrome's Memory and Energy Saver modes

メモリ節約モードと省エネモード

先日リリースされたChrome 108のデスクトップ版で、2つの新しいパフォーマンス設定が導入されました。

  • メモリ節約モード(Memory Saver)
  • 省エネモード(Energy Saver)
サイトのキャプチャ

New Chrome features to save battery and make browsing smoother

メモリ節約モードとは

メモリ節約モードは、Chromeが使用するメモリを最大40%と10GBのメモリ使用量を削減し、タブのスムーズな動作を維持する機能です。

Chromeであとで見ようと思ってタブをたくさん開いていることはありませんか? メモリ節約モードは非アクティブなタブのメモリを解放し、使用中のアクティブなタブでの閲覧を可能な限りスムーズに表示します。特に、動画を見たり、ゲームをするときに便利です。非アクティブなタブは、必要なときに再読み込みされます。

再読み込みされたページはユーザーエクスペリエンスには影響しない可能性がありますが、ユーザーフローが複雑なインタラクティブなサイトの場合、元の状態に戻すことができないことがあります。

省エネモードとは

省エネモードは、バッテリー残量が少なくなったときにバッテリーを延長できるようにする機能です。

バッテリーの残りが少なくなり、すぐに充電できないときはありませんか? ChromeでWebを閲覧していて、デバイスのバッテリー残量が20%に達すると、Chromeはバックグラウンドのアクティビティを制限し、アニメーションや動画を含むWebページの視覚効果を制限してバッテリーを制限します。

アニメーションやトランジションは自動的に調整されるので対応は何もできませんが、特定のリフレッシュレートを前提とするJavaScriptベースのアニメーションをサイトで使用している場合は注意が必要です。

この2つの機能は今後数週間かけて、Windows, macOS, ChromeOS向けに展開される予定です。

Windows, macOS, ChromeOS向けに展開されると、それぞれの機能をオフにしたり、重要なWebサイトをメモリ節約モードから除外するようにマークすることができます。
※2022年12月現在、ChromeのFlagから設定できます。

メモリ節約モードと省エネモードの確認方法

メモリ節約モードの確認方法

Chrome 108でメモリ節約モードを確認する方法です。

  1. タブを開き、Webページを開きます。
  2. chrome://discardsにアクセスし、破棄するタブをリストから見つけます。
  3. 「Action」から「Urgent Discard」をクリックすると、そのタブを破棄します。
Chrome 108のキャプチャ

chrome://discardsにアクセス

Chrome 108のキャプチャ

「Urgent Discard」をクリック

省エネモードの確認方法

Chrome 108で省エネモードを確認する方法です。

  1. アドレスバーに下記を入力して、フラグを有効(Enabled)にします。
    chrome://flags/#battery-saver-mode-available
  2. chrome://discardsにアクセスし、上部の「Toggle battery saver mode」をクリックします。
    ※フラグを有効にしていないと機能しません。
  3. 完了すると、アドレスバーの横に省エネモードのアイコンが表示されます。
Chrome 108のキャプチャ

フラグを有効(Enabled)にする

Chrome 108のキャプチャ

「Toggle battery saver mode」をクリック

Chrome 108のキャプチャ

省エネモードのアイコンが表示される

パフォーマンスの設定

サイトのキャプチャ

Chrome のパフォーマンスをカスタマイズする

メモリ節約モードと省エネモードの設定は近いうちに、Chromeの設定からできるようになるとのことです。

Chrome 108のキャプチャ

Chromeの設定
※上記の設定をすると、「パフォーマンス」が表示されます。

sponsors

top of page

©2023 coliss