Photoshopを使った簡単で素敵なテクニック!螺旋状に伸びる丸い空間を描くチュートリアル -Round Things

螺旋状に伸びる幻想的な雰囲気の空間。
これを描くにはものすごいテクニックが必要でしょ、と思った人は安心してください。Photoshopの標準機能を使うだけで思ってたよりかなり簡単に作成できます。

アートワーク: (Round Things) - Stronger...

アートワーク: (Round Things) - Stronger...

素材選びやディテールはあれですが、螺旋状の空間を作成するのは驚くほど簡単です。

Step 1は画像を用意し、正方形にリサイズします。
下記は、4,000x4,000pxの画像を使用しています。

チュートリアルのキャプチャ

正方形の画像がベース

Step 2は「フィルター: 変形: 極座標」を選択し、「直交座標を極座標に」をチェックして、サークルを作成します。サイズの「%」は画像に合わせて、変更してください。
下記は、6.3%にしています。

チュートリアルのキャプチャ

サークルを作成

極座標で「OK」ボタンを押すと、画像がサークルになります。
Step 3はこのサークルを修復ブラシツールなどを使い、綺麗な状態にします。
ここが一番の難所で、作成のポイントは下記に記します。

チュートリアルのキャプチャ

サークルの整形

最後のStep 4で、サークルをちょうどよいサイズにクロップします。

チュートリアルのキャプチャ

画像をクロップ

作成のポイント

  1. 整形する時は、レンズ補正フィルターも効果的です。
  2. エフェクトを与える時は、ゆがみフィルターを使います。
  3. ラインを整える時は、スタンプツールを使います。
  4. 雲や煙や霧などのブラシを使っても面白い効果が得られます。
  5. スマートレイヤーを使って作業するのは、後で変更するためにはよいアイデアです。しかし画像にはっきりしない曖昧な悪いエフェクトを与えていないか注意が必要です。
  6. 画像がぼんやりしている時に、シャープネスを使うのはよいアイデアです。
  7. サークルの大きさは、「フィルター: 変形: つまむ」で調整します。

さまざまな画像をベースにした、美しいアートワークが作成されています。
元ページでは、もっと大きいサイズの画像で見ることができます。

アートワーク: (Round Things) - falling...

(Round Things) - falling...

アートワーク: (Round Things) - falling...

(Round Things) - falling...

重ねても面白いですね。

アートワーク: (Round Things) - falling...

(Round Things) - falling...

sponsors

top of page

©2018 coliss