2014年後半、現在これからのWebデザインのトレンドと制作動向を知る26のキーワード

Webデザインのトレンドを知っておくことは、今そしてこれからWebサイトを制作する上で非常に大切な情報です。廃れていくものを採用するのではなく、今求められているもの、これから伸びるものを取り入れることで、Webサイトは長く幸せな時をおくることができます。

現在のWebデザインのトレンドと制作動向を知り、これからの傾向を探ったまとめを紹介します。

サイトのキャプチャ

Improving on Existing Web Design Trends

下記は各ポイントを意訳したものです。
※当ブログでの翻訳記事は、元サイト様に許可を得て翻訳しています。

トレンドを探るキーワードは全部で、26個。

デザインはより時間をかけ、コーディングはより少なく

デザインコミュニティで今活発に議論されているのは、コーディングのパートはより少なく、デザインのパートをもっと多くしようです。これは、複雑なコーディングを苦手な人には大きいニュースです。確かに、最近では多くのフレームワークがリリースされ、ゼロからコードを書く必要は少なくなりました。

サイトのキャプチャ

イメージ画像(credit: Bigstockphoto

オープンソース

このポイントも実はデザイナーに大きな影響を与えます。多くの人は、Webデザインのオープンソース化は繁栄に繋がると考えています。

サイトのキャプチャ

The Open Source Initiative

よさそうに見えるWebデザイン

次の動向は、さまざまなビジネスにおいて、Webの存在がさらに重要になっていることです。マーケットは内容はもちろんのこと、きれいで目立つWebデザインへの要求がいっそう高くなっています。同様に軽量化や高速化といった技術も求められています。

サイトのキャプチャ

Calvi on the Rocks

ミニマリズムの進化

ミニマリズムはWebデザインにおいて広く浸透しており、他のトレンドが無くなったとしてもこれだけは残るはずです。ミニマリズムの重要性はもはや説明は不要でしょう。最近の使い方としては、よりシンプルなものが好まれています。

サイトのキャプチャ

Cj Brown

スクロールが好まれ、クリックは減少傾向

スクロールは最近増えた無限スクロールのページなど、ユーザーに好まれる傾向にあります。それどころかコンテンツにより興味をもってもらうことにも繋がっています。クリック可能なボタンは、多くのボタンデザインがユーザーを混乱させています。もしボタンをクリックさせることを必要とするなら、それにユーザーの目が向くようデザインした方が良いです。極端に言うと、ボタン一つだけのWebサイトは、いくつかのゴールとその数だけのボタンを備えたWebサイトよりずっと効率的です。

サイトのキャプチャ

MOOD

テキストはより少なく

テキストは可能な限り、少なくしたものが増えてきました。この傾向はユーザーが閲覧時間の節約を好むことと合致します。素早くユーザーにメッセージを伝えるために、テキストをより短くすることは理にかなっています。

サイトのキャプチャ

Bonnie Roccelli

明るい爽やかなカラー

明るい爽やかなカラーを重要な情報を強調するために使用することは、特にクリーンなレイアウトで映え、良い傾向です。

サイトのキャプチャ

Dom Jacob

ユーザー目線

ことをよりシンプルにすることは、あなたがユーザーのことを気にしているかを示します。このことは現在、そしてこれから先も伸びる傾向でしょう。

サイトのキャプチャ

Your Local Studio

シンメトリカルなレイアウト

対称と非対称は、Webデザインにおいて重要な役割を果たします。対称のシンメトリカルなレイアウトは馴染みがあり、ユーザーに信頼感を与えます。コミュニティではこのテクニックを使うと、デザインをより魅力的に見せると考えらています。レイアウトを魅力的にしたい時は、対称や黄金比などを思い出してみてください。

サイトのキャプチャ

TIME

コンテンツからデザインを切り離す

このことは、コスト減少のためにデザインがユニバーサルになり続けることを意味します。

サイトのキャプチャ

Drury Buildings

パステルカラー

パステル調の色合いは流行廃りなく好まれており、デザイナーもどんな年でも一回は使用していることでしょう。このリストにパステルを加えたことはごく当たり前のことです。

サイトのキャプチャ

MKDIR

写真画像は少なめ、ベクターが多めの傾向

これは現在不可欠となったレスポンシブデザインと関係があることは明白です。ここではレスポンシブの重要性を議論しようとは思いません。複数のデバイスを考慮した際、画像をどのように扱うかは非常に重要で、デバイスごとに最適なサイズの画像を用意するのがベストです。ベクターであればこの問題は簡単で、一つのファイルでさまざまなデバイスに応じて表示することができます。

サイトのキャプチャ

Kelsey Dake

物理ベースのアニメーション

物理ベースのアニメーションは、動きの正確さや安定性で視覚的に魅力を与えます。デザインの美的アピールだけでなく、細部にも素晴らしいアニメーションを取り入れられ、ユーザーに動機付けを与えられます。

サイトのキャプチャ

LETTERS, INC.

パララックス

パララックスはコンテンツと背景など異なるタイミングでスクロールさせ、奥行きの錯覚をユーザーに与えます。テクニック自体は昔のアニメなどに昔から使われてきましたが、最近ではスクロール前提のWebページに多く利用されています。

サイトのキャプチャ

Madwell

フラットデザイン

フラットデザインのような最新のトレンドは、しばらくの間消えることはありません。あなたのデザインに安心して採用してください。

サイトのキャプチャ

Flat or Not

折り紙スタイル

折り紙のスタイルは更に進化するかもしれません。今はまだ創設期であることが、その証明です。

サイトのキャプチャ

credit: Origami flower

Material Design

Googleが提唱する、可読性の高いデザインを提供するための新たなUXデザインです。もしそのゴールと原則をもっと知ることを望むなら、リンク先を見てみてください。

サイトのキャプチャ

Material Design

Bootstrapは増加傾向

Bootstrapは誰もが知っており、最も人気が高いHTML/CSS/JavaScriptのフレームワークといっていいでしょう。レスポンシブ、モバイルファーストなど、今時のWebのプロジェクトをより速く、より簡単にします。

サイトのキャプチャ

Bootstrap

マルチレイヤーのアニメーション

異なる複数のレイヤー上にイラストや写真などを配置し、アニメーションさせます。動画を見てみてください、きっとよい刺激になります!

サイトのキャプチャ

Umotion 2D Multilayer Animation

ゲーミフィケーション

ゲーミフィケーションとはユーザー参加型のゲームのことで、それにチャレンジしたり賞をもらえることで、ユーザーは興奮し、意欲がかき立てられるコンテンツです。ユーザーはサイト上で楽しんだり幸せな体験を得られます。

サイトのキャプチャ

Build with Chrome

インタラクティブなフォーム

インタラクティブなフォームでは質問と空欄を単に並べるだけでなく、選ぶべきいくつかの答えを提供し、ユーザーが簡単に答えられるよう設計されたものです。

サイトのキャプチャ

Using Interactive Forms

コンテンツのホバーとクリックが可能な動画背景

動画を背景にしても、その上のコンテンツでホバーとクリックを可能にすることができます。下のリンクを辿ってみてください。

サイトのキャプチャ

TED

モバイル向けみたいなメニュー

モバイル向けにデザインされたようなメニューをデスクトップで使います。デスクトップを前提にするのではなく、さまざまなスクリーンサイズを前提にデザインすることは非常に大切です。

サイトのキャプチャ

Nat-Ant

CSSとJavaScriptを使って進歩したレスポンシブ

さまざまなスクリーンサイズを想定して、Webサイトを制作することはWeb開発のテクニックと共に進化しています。制作者は少しでもより簡単に、より良い方法を探し、見つけ出します。

サイトのキャプチャ

High Tide

デザインアプローチ:センター揃え

フラットなデザイン、かっこいいタイポグラフィ、美しい写真などは、クライアントやデザイナーの好みではなく、ターゲットとなるユーザーに依存するべきです。センター揃えというデザインアプローチを行い、それに続いてユーザビリティテストを行います。

サイトのキャプチャ

The Cut

シンプルさに加えるもの

Webデザインには不変のものがあります。UIがシンプルであること、それだけでそのWebサイトは成功への多くのチャンスを持っています。最近ではそれにストーリーテリングを加えることでより魅力的に見せています。

サイトのキャプチャ

Ian Coyle

sponsors

top of page

©2018 coliss