ロゴや魔法陣など、美しい幾何学模様の図形を簡単に作成できる!ちょっと珍しい無料の機能拡張 -Looper

元となる要素を複製し、回転、移動させ、サイズや不透明度を変更して、美しい幾何学模様の図形やパターンを簡単に作成できるSketchの機能拡張を紹介します。

下記はすこし複雑な要素が元になっていますが、シンプルな線や形からでも面白い図形を簡単に作成できます。

サイトのキャプチャ

Looper
Looper- GitHub

Looperの特徴

Looperは要素を一つ、または複数用意し、それを元に幾何学模様の図形を簡単に作成できます。
実際の画面を見ながら、説明します。

Sketchのキャプチャ

正五角形でスタート

Looperを起動すると、要素が複製された状態で表示されます。
複製された要素はそれぞれ回転されているので、これだけでもそれなりの図形になっています。

Sketchのキャプチャ

デフォルト: 要素を50個複製

「Scale」をチェックすると、複製された要素が指定値の範囲でサイズが変更されます。

Sketchのキャプチャ

複製された要素のサイズを変更

「Move」をチェックすると、複製された要素が指定値の範囲で移動して配置されます。

Sketchのキャプチャ

複製された要素を移動

「Opacity」をチェックすると、複製された要素の不透明度が変更されます。

Sketchのキャプチャ

複製された要素の不透明度を変更

これらの設定はすぐに反映され、どのような図形になるか確認できます。

Looperで作成された幾何学模様の図形

元になる要素を複雑にしたり、複数の要素をつかうことで、更に複雑で面白い図形を作成できます。
シンプルな円も不透明度をランダムにするだけで、だいぶ変わりますね。

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (linear)

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (linear) + Opacity (random)

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (linear)

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (linear)

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (linear)

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (random)

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (random)

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (linear) + Opacity (random)

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (linear) + Opacity (random)

Looperで作成された幾何学模様の図形

Rotate (linear) + Scale (linear)

Looperのダウンロードとインストール

ダウンロードは、下記ページから。

サイトのキャプチャ

Looper

「Download Plugin」をクリックすると、すぐにダウンロードできます。

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍し、「Looper.sketchplugin」をダブルクリックするだけ完了です。あとは、Sketchを起動し、メニューの「Plugins」から「Looper」を起動します。

sponsors

top of page

©2018 coliss