知ってると便利!Photoshopの作業効率をアップするTips

Photoshopの知ってると便利な作業効率をアップするTipsを12個、紹介します。
全てPhotoshop CC2014対応ですが、ほとんどのものはCSでも使用できます。

Photoshopの作業効率をアップ

Photoshop外からカラーを抽出

Photoshop外、例えばブラウザで表示しているページや画像などからもカラーを抽出できます。

Photoshopのキャプチャ
Photoshop外からカラーを抽出
スポイトツールをドラッグしながら、カラーを抽出

通常の操作だとスポイトツールはPhotoshopの枠外に移動すると普通のカーソルに変わってしまいますが、Photoshop内でドラッグしながら移動すると、Photoshop外のカラーを抽出できます。

スポイトツールで複数のカラーを抽出

スポイトツールで抽出できるカラーは、一つだけではありません。

Photoshopのキャプチャ
複数のカラーを抽出
Shift を押しながら、カラーを抽出

カラーは、10個まで抽出できます。
※CSは、4個まで。

ブラシツールからスポイトツールに一時的に変更

選択ツールの選択時に「Ctrl (Macは、Cmd)」を押すと、一時的に移動ツールに変更できます。これと同様にブラシツールもスポイトツールに変更できます。

Photoshopのキャプチャ
ブラシツールからスポイトツールに瞬時に変更
ブラシツール選択時に、Alt

ブラシツールの選択時に「Alt (Macは、Opt)」を押すと、スポイトツールが利用できます。

ブラシの直径や硬さを変更

ブラシパネルからではなく、キーボードからこれらを簡単に変更できます。

Photoshopのキャプチャ
ブラシの直径を変更
ブラシツール選択時に、[ or ]
ブラシの硬さを変更
ブラシツール選択時に、Shiftを押しながら[ or ]

ブラシパレットを素早く開く

上部のツールパレットからや「F5」キーでも開きますが、この操作が一番早いです。

Photoshopのキャプチャ
ブラシパレットを素早く開く
ブラシツール選択時に、ドキュメントの任意の場所を右クリック

マウスを移動せず(もしくは少しだけ)にできるので、楽ちん。

カーソルを一時的に精細に変更

カーソルは「標準」と「精細」に環境設定から設定することができますが、使用する度に環境設定を変更するのは面倒です。

Photoshopのキャプチャ
カーソルを一時的に精細に変更
Caps Lock

「Caps Lock」を押すと、一時的にカーソルを変更できます。
スポイトツールでもブラシツールでも、精細があるツールは全て精細で利用できます。

文字を確認しながらカラー変更

文字をハイライトしてスウォッチからカラーを変更すると、文字がハイライトされたままなので、カラーがどのように変更されたか分かりません。

Photoshopのキャプチャ

文字ツールで文字をハイライトし、上部のオプションバーからカラーを変更すると、確認しながらカラーを変更できます。

サイズ変更用のハンドルを見つける

ドキュメントより大きいサイズの画像をペーストすると、その画像のハンドルを見つけるのは大変です。

Photoshopのキャプチャ
サイズ変更用のハンドルを見つける
Ctrl + T その後、Ctrl + 0

「Ctrl+T (Macは、Cmd+T)」で自由変形にし、「Ctrl+0 (Macは、Cmd+0)」で全画面表示にすると、すぐに見つかります。

作業レイヤーは全てそのままで、全レイヤーを統合

作業中に一時確認するためなどに、作業レイヤーは全てそのままで、全レイヤーを統合することができます。

Photoshopのキャプチャ
背景を含む全てを統合したレイヤーをコピー
Ctrl + Alt + Shift + E

レイヤーの一番上に新しい空のレイヤーを作成し、背景を含んだ全てのレイヤーを統合します。作業中のレイヤーは損なわれません。

ファイルを開く時に、全レイヤーを統合

ファイルを開く時に、全レイヤーを統合した状態で開きます。

Photoshopのキャプチャ
背景を含む全てを統合したレイヤーをコピー
Alt + Shift を押しながら「ファイルを開く」

「Alt+Shift (Macは、Opt+Shift)」で開くと、レイヤーが統合された合成画像を開くので、元画像は変更されません。

ズームイン・ズームアウトを素早く行う

ドキュメントのズームイン・ズームアウトは、ズームツールやCtrl + +Ctrl + -でもできますが、それより早い方法を紹介します。

Photoshopのキャプチャ
ドキュメントのズームイン・ズームアウト
Ctrl + Space を押しながら、左右にドラッグ

「Ctrl+Space (Macは、Cmd+Space)」を押しながら、ズームアウトは左方向に、ズームインは右方向にドラッグします。
左手はキーボード、右手はマウスのままでできるので、簡単に拡大縮小ができます。

オーバースクロール

Photoshopでドキュメントを開くと、小さい場合中央に固定されてしまいます。ドキュメントの位置を変えたいと思ったことはありませんか?

Photoshopのキャプチャ
オーバースクロール
Photoshopの環境設定から、「インターフェイス」内の「オーバースクロール」をチェック
※Photoshop CC2014のみ

ドキュメント外のエリアで作業する時も、スクロールができるようになります。

参考:
Photoshopの作業効率をアップする10のTips
知ってると便利なPhotoshopのショートカットのまとめ

sponsors

top of page

©2018 coliss