Vistaのアンインストール方法

2007年5月に使用期限が切れる「Windows Vista RC1」のアンインストール方法です。

  • Windows Vista RC1をデュアルブートでインストールした場合のアンインストール方法です。
    上書きインストールを実施した場合、アンインストールはできないため、元のOSでクリーンインストールをします。
  • Cドライブに、Windows XP、
    Eドライブに、Windows Vista RC1
    がデュアルブートで、インストールしているものとします。
  • 起動時に表示される「ブートマネージャプログラム」を変更します。
    インストールに使用したDVDをドライブに入れ、「スタートメニュー」の「ファイル名を指定して実行」で下記のコマンドを実行します。
    D:Boot Bootsect.exe -NT52 All
    ※「D」は各自のドライブの環境に合わせて変更してください。
  • コマンド処理の完了後、再起動をすると、Windows XPの元のブートに修正されます。
  • Windows Vista RC1をインストールしたEドライブから削除します。
  • これでWindows Vista RC1のアンインストールは、完了です。

参照サイト:Windows Vista no longer starts after you install an earlier version of the Windows operating system in a dual-boot configuration(Microsoft Support Online)

Windows VistaのDVDが無いなどで、「D:Boot Bootsect.exe -NT52 All」のコマンドが実行できない場合は、「VistaBootPRO」などでWindows Vistaの起動項目を削除することもできます。

VistaBootPROの導入方法

sponsors

top of page

©2018 coliss