同人誌にもぴったり!読みやすい手書きの日本語フォント27書体が、3,200円で購入できる期間限定セール

「メイリオ」をデザインしたタイプディレクター鈴木竹治氏による可読性を追求した手書きフォント竹シリーズから、読みやすい手書きの日本語フォント27書体が、3,200円で購入できる期間限定セールを紹介します。

販売期間は、7月30日12時までとなっています。

日本語フォントはWebデザイン紙のデザインなどに利用でき、クライアントのプロジェクトでも販売する同人誌に使用してもOK。

ユニーク手書き風和文フォント完全集

ユニーク手書き風和文フォント完全集

セットに含まれてる日本語フォント

セットに含まれている日本語フォント27書体総額72,900円分が、今だけ3,200円で購入できます。特に、TAシーシェル、TAラジアンスの2書体が高額です。

セットに含まれてる日本語フォントの一覧

セットに含まれてる日本語フォントの一覧

セットに含まれてる日本語フォントの一覧

セットに含まれてる日本語フォントの一覧

  • TA竹あばれ
  • TA竹ばなれ
  • TA竹ぼっけ
  • TA竹ちらし
  • TA竹ちょく
  • TA竹ふぶき
  • TA竹はんが
  • TA竹ひっき
  • TA竹ひろがり
  • TA竹ほっと
  • TA竹いげた
  • TA竹せりふ
  • TA竹てんご
  • TA竹ざらめ
  • TAあすか
  • TA彩01
  • TAだいき
  • TAひかる
  • TAラジアンス
  • TAシーシェル
  • TA竹まる
  • TA竹おどり
  • TA竹おれ
  • TAやす爺字
  • TA優美板書R
  • TA優美太板書R
  • TA優美ペン極細R

フォントのファイルは、下記の通り。

  • OpenType(TrueTypeベース)

※拡張子.ttfのOpenTypeで、WindowsでもmacOSでも利用できます。

Design Cutsでの購入方法

支払いは、VISA、MASTER、AMEX、そしてPayPalに対応しています。

1,2分で購入は完了して、すぐにダウンロードできます。
下記ページにアクセスし、「購入」ボタンをクリックします。

サイトのキャプチャ

ユニーク手書き風和文フォント完全集

注文ページに移動するので、購入商品を確認します。

サイトのキャプチャ

注文ページ

「ユニーク手書き風和文フォント完全集」で、「¥3,200」なのを確認しましょう。

アカウントを持っている人は「ログイン」をクリック、未登録の人はその下に入力して登録(無料)します。
※ログインは日本語版です。英語版のアカウントではログインできません。

サイトのキャプチャ

注文ページ: ログイン

登録する際は、下記の項目を入力します。

  • 国名(日本は下から9番目)
  • 郵便番号(ハイフン有りで)
  • メールアドレス
  • パスワード

最後に、支払い方法を選択します。
クレジットカード(VISA、MASTER、AMEX)の人は「クレジットカード」をチェック、PayPalの人は「PayPal」をチェックし、それぞれの項目を入力します。

クレジット番号を入力するのに抵抗がある人は、PayPalを利用するとよいと思います。わたしは海外関連はPayPal決算にしています。PayPalの登録は無料です。
新規登録 -PayPal

サイトのキャプチャ

注文ページ: 支払い方法

入力が完了したら、下のボタンをクリックします。

サイトのキャプチャ

注文ページ: 支払いボタン

これで購入完了です。

サイトのキャプチャ

完了ページ

中央の「アカウント」ボタンをクリックして、自分のアカウントページから素材をダウンロードできます。

サイトのキャプチャ

アカウントページ

Design Cutsのライセンス

Design Cutsで購入したデザイン素材は、個人でも商用でも利用できます。
クライアントのプロジェクトに使用したり、販売する同人誌に利用してもOK。

ライセンスで許可されていること
  • 素材を使用して、無料・有料のプロダクトを作成する
  • 個人およびクライアントプロジェクトのリソースとして使用する
  • 素材を複数のプロジェクトで使用する
許可されていないこと
  • 独自のデザインにアレンジせず、オリジナルのデザインとして使用する
  • 再配布、サブライセンス、素材の共有
  • エンドクライアントの年間収益が年間2,500万ドル(約27億円)以上の場合は、特注ライセンスが必要

※最後の「特注ラインセンス」について何人かの方より質問をいただきました。
Design Cutsに確認したところ、「要件によって異なるため、一概には回答できません。年間2,500万ドル以上という上限はウォルマートのような大企業の場合であって、99.9%のユーザーには関係ないライセンスです」とのことです。

sponsors

top of page

©2019 coliss