眠れない時や良質な睡眠をとりたい時に試したい10のポイント

眠れない時や良質な睡眠をとりたい時に試したい10のポイント米Yahoo!の女性をターゲットにしたサイト「Shine」から紹介します。

10 Tips for Getting Good Sleep

10 Tips for Getting Good Sleep

以下、その意訳です。

良質な睡眠をとることについて、ここに非常に重要なアドバイスがあります。睡眠の欠如は本当に私たちに多くの影響を与え、そして睡眠が標準的なレベルに達していないことに注意を払いません。

もしあなたがブルーな気分だったり、元気がないように感じるなら、1週間だけでも30分までに眠りにつこうとしてみてください。
これは、本当にその助けになることができます。

その際、良質な睡眠をとるためのアドバイスを紹介します。

  1. 散歩だけでも構わないので、毎日運動するようにします。
  2. 午後6時以降には、カフェインは摂らないようにします。
  3. 就寝1時間前には、頭を使うたぐいのことは避けるようにします。
    例:封書の宛名書きはOK、論文の解析はNG。
  4. 寝室の室温は、少し肌寒いくらいに調整します。
  5. 寝室は、暗くします。
    目覚まし時計のごく小さな明かりさえも睡眠を妨げことがあります。
  6. 寝室は、可能な限りこぎれいな状態にします。
    ベッドがカオス状だと安らかにはなれません。

もしも眠れない時は、

  1. ゆっくりと深呼吸をおこなってみます。
  2. もしも考え事や心配事(旅行の計画や医療の診断結果など)が原因で眠れない場合は、その事についてメモ書きをしてみます。
  3. ボディローションをたっぷり塗ってみます。
    身体がほてっている場合などには、特に有効です。
  4. 足先が冷えている場合は、ソックスをはいてみます。

sponsors

top of page

©2018 coliss