[book review]お腹はすくけど、心が癒される「深夜食堂」

久しぶりに、表紙買いしたコミック「深夜食堂」の紹介です。

心の小腹をやさしく癒す。

繁華街の片隅で
深夜しかやってない
小さなめしや。

けど、そこに集う人がいる。
そこでしか生まれない
話がある。

――深夜食堂 2の帯より

メニューは豚汁定食とビール、酒、焼酎だけ、営業時間は夜12時から朝7時までの深夜食堂「めしや」。
でも注文すれば、「できるもんなら作るよ」とおやじさんが、なんだか懐かしい旨そうな一品を出してくれる。

その一品もそそるものがあるのですが、お店に来るお客さんの、ちょっぴりやさしくて、ちょっぴり悲しくて、ちょっぴり暖まる話しが心にしみるコミックです。

深夜食堂2のメニュー

  • 刺身のつま
  • 冷や汁
  • タマゴサンド
  • 秋刀魚の塩焼き
  • お茶漬け
  • トイレの客
  • オニオンリング
  • カリカリベーコン
  • カキフライ
  • 肉じゃが
  • ソース焼きそば
  • 割り箸
  • カニ
  • いただきます
  • プリン

1巻も当然、買ってしまいました。

深夜食堂1のメニュー

  • 赤いウインナー
  • きのうのカレー
  • 猫まんま
  • しょうゆとソース
  • 牛すじ大根玉子入り
  • 納豆
  • 焼き海苔
  • たらこ
  • カツ丼
  • ナポリタン
  • ポテトサラダ
  • キューリのぬか漬け
  • スイカ
  • ラーメン
  • カツカレー

sponsors

top of page

©2018 coliss