マイクロソフトから無料の予定管理・情報共有ツールをリリース

マイクロソフトは、小規模事業所向けに社内外の情報伝達、文書や予定の共有、新規顧客の獲得支援などが可能なインターネットサービス「Microsoft® Office Live」を2006年12月11日に公開しました。

Office Live

小規模事業所を支援する包括的なインターネットサービス Microsoft(R) Office Live 日本語版の試験運用を開始
マイクロソフトのリリース

現在はベータ公開で、月額使用料が無料の「Office Live Basics」と、有料予定(現在は無料)の「Essentials」「Premium」の3つのサービスコースがあります。
※アメリカででは、Essentialsが月額19ドル、Premiumが月額39ドルとなっています。

各コースとも、独自ドメインを1つ、メールアカウント(Basicsで25)、ディスクスペース(Basicsで500MB)を利用することができ、Excel、Outlook、Accessなどと連携し、文章の共同作成や予定表の共有、電子メールの管理なども行えます。

sponsors

top of page

©2018 coliss