サイト調査:指定したサイトのサイトマップを自動生成

サイトのリニューアルや追加コンテンツを制作する際に、既存サイトの情報構造を把握する必要があります。
クライアントよりサイトマップが頂ければよいですが、サイトマップが最新で無い場合やライバル サイトのサイトマップが必要な場合に、自動でサイトマップを生成するソフトウェアを使用します。

複数のソフトウェアを使用しますが、よく使うものを紹介します。

指定したサイトのサイトマップを自動生成するソフトウェア

Website Explorer

ページ内のリンクを調査し、そのサイトの階層構造やファイル構成、外部リンクやリンクエラーなどを出力します。
サイトの基本情報をはじめ、サイトの階層構造一覧をエクセルに出力することができます。

調査対象サイトは、サブドメインや認証の必要なサイトも可能です。
「Website Explorer」はフリーソフトで、「梅ちゃん堂」からダウンロードができます。

Website Explorer(梅ちゃん堂)

Sitemap Pro

英語版の提供のみでシェアウェアですが、サイトマップの作成に特化したソフトウェアです。
ページ内のリンクを調査し、そのサイトのサイトマップを作成します。
僕はお試し版としてしか使用していないですが、テキストファイルへの書き出しができるので重宝しています。
ただし、英語版のため日本語のタイトルは文字化けします。

GoogleやYahoo!のサイトマップ用に、「Sitemap protocol 0.84」やテキスト形式のリンクリストの生成機能もあります。
※2006年11月16日に「Sitemap protocol 0.9」が発表されました。

下記サイトからダウンロードできます。

Sitemap Pro

sponsors

top of page

©2018 coliss