便利なツールが登場!SVGアイコンを簡単に一元管理できるWindows, macOS対応の無料アプリ -Iconset

アイコンをどのように管理していますか?
大量のSVGアイコンを効率的に管理でき、デザイナー・デベロッパー、制作チームで一元管理もできる無料アプリを紹介します。個人でも複数人でも利用できます!

Windows, macOS対応、完全に無料で利用でき、アイコンを登録・管理するのも簡単、アイコンをデザインツールで使用するのも非常に簡単です。
6,000個くらいのアイコンで試してみましたが、動作はサクサクです!

サイトのキャプチャ

Iconset

Iconsetの特徴

Iconsetはデザイナー・デベロッパー、制作チーム向けのSVGアイコンを一元管理できる無料アプリです。WindowsとmacOSのクロスプラットフォームで動作します。

Iconsetの特徴
  • SVGアイコンの管理
    SVGアイコンをアイコンセット、グループ、タグを使用して管理できます。
  • 検索機能
    数千個のアイコンを登録していても、超高速に検索できます。
  • デザインツールとの連携
    SVGアイコンをアプリからデザインツール(Adobe XD, Photoshop, Sketchなど何でも)にドラッグ アンド ドロップで簡単に利用できます。
  • SVGアイコンのコードでの利用
    アイコンを右クリックで、コードを簡単に取得できます。
  • アイコンライブラリの同期
    デバイス数に制限はなく、アイコンライブラリを同期できます。
  • お気に入り機能
    登録したSVGアイコンはお気に入り機能で、簡単にアクセスできます。
  • パネルモード
    ウィンドウのサイズをパネルサイズに変更して、スクリーンのスペースを節約します。
  • インポートとエクスポート
    SVGアイコンはワンクリックでエクスポートでき、簡単に利用できます。
  • クロスプラットフォーム
    WindowsとmacOSの両方で機能します。
  • 完全に無料
    Iconsetはすべての機能を無料で利用できます。

Iconsetのダウンロードとインストール

Iconsetのダウンロードは、下記ページから。

サイトのキャプチャ

Iconset

WindowsかmacOSかを選択して、Iconsetをダウンロードします。

Iconsetのインストール

  • macOS
    ダウンロードしたzipファイルを解凍し、「アプリケーション」フォルダに移動して利用してください。
  • Windows
    ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてください。

あとは、通常のアプリと同様に利用できます。

Iconsetの使い方

macOS版をインストールしてみたので、簡単にIconsetの使い方を説明します。
まずは、Iconsetの起動画面。

Iconsetのキャプチャ

Iconsetの起動画面

初期状態ではSVGアイコンは登録されていないので、Iconsetのサイトからアイコンを登録してみます。

サイトのキャプチャ

Evericons -Iconset

「Open in Iconset」をクリックすると、「Iconset.appで開きますか?」と表示されるので、「許可」を選択します。

サイトのキャプチャ

Evericons -Iconset

ほんの数秒で、IconsetにSVGアイコンが登録されました。
いやー簡単すぎです!

Iconsetのキャプチャ

EvericonsのアイコンをIconsetに登録

SVGアイコンは他にも登録できます。Icon Setsに用意されているので、上記と同じ手順でご利用ください。
もちろん、ローカルにあるSVGアイコンもドラッグ アンド ドロップで簡単に登録できます。

サイトのキャプチャ

Icon Sets

と言うわけで、とりあえず全部登録してみました。
作業時間は、1,2分でした。

Iconsetのキャプチャ

全部のSVGアイコンを登録した

アプリ内での操作は簡単です。
左はアイコンのセット、中央はセットの中身、右はアイコンの情報で、UIも非常に快適に操作できます。

Iconsetのキャプチャ

Iconsetのインターフェイス

SVGアイコンを使用するのも簡単です。
アイコンを右クリックすると、操作が表示されます。SVGファイルは、「Show in Finder」を選択するとファイル場所が開きます。
デザインツールで使用したい時は、1個でもまとめてでもドラッグするだけ。

Iconsetのキャプチャ

アイコンの操作

SVGアイコンを複数のマシン・環境で管理したい場合も簡単です。
メニューから「Preferences」を選択し、「Icon Library」でライブラリの場所を変更します。

Iconsetのキャプチャ

「Preferences」を選択

デフォルトはローカル環境にライブラリが作成されているので、「Move」をクリックし、「Where」でライブラリの保管場所を変更します。

Iconsetのキャプチャ

macOSの場合、DropboxやiCloudがお勧めです。

ライブラリがDropboxに作成されたので、他のマシン・環境で利用できます。

Iconsetのキャプチャ

ライブラリの場所をDropboxに変更

sponsors

top of page

©2020 coliss