ローカルファイル・カメラ・SNSなど、さまざまな画像に対応したJavaScriptの画像アップローダー -Uppload

デスクトップからの画像ファイルはもちろん、PCのカメラで今撮影した写真のアップロード、写真サイトからのアップロード、Twitter、Instagramからのアップロードにも対応したJavaScriptの画像アップローダーを紹介します。

Vue.js、Reactなどのフレームワークも完全にサポートしており、オープンソースで利用できます。

サイトのキャプチャ

Uppload
Uppload -GitHub

Upploadの特徴

Upploadはカスタマイズにも対応した、JavaScriptの画像アップローダーです。

  • 写真画像をドラッグアンドドロップでアップロード。
  • PCのカメラで撮影した写真画像をアップロード。
  • 写真画像をサイト(Unsplash、Pexels、Pyramidなど)から検索してアップロード。
  • 写真画像をWebサービス(Twitter、Instagram、Facebookなど)からアップロード。
  • アップロードする際に、画像の編集が可能。
  • Vue.js、Reactなどのフロントエンドのフレームワークをサポート。
  • すべてのファイルアップロードバックエンドをサポート。
  • すべての最新ブラウザ(IE 10+)をサポート。
  • MITライセンスで、商用でも無料で利用できます。

操作は非常に簡単です。
下記ページの「Live Demo」をクリックすると、試せます。

サイトのキャプチャ

Uppload

アップロードする画像を選択します。
デスクトップから画像ファイルなのか、カメラなのか、写真サイトやWebサービスなのかを選択します。

アップロードする画像を選択

アップロードする画像を選択

Facebookを選択してみました。

Facebookを選択

Facebookを選択

私の文鳥コレクションの画像をアップロードしてみます。

画像のアップロード

画像のアップロード

アップロードした画像は、クロップや回転などの編集が可能です。

画像の編集

画像の編集

編集が完了したら、右下の「Upload」をクリックすると、アップロードできます。

アップロードの完了

アップロードの完了

Upploadのデモ

Upploadでは、さまざまなデモが用意されており、カスタマイズも可能です。

サイトのキャプチャ

デモの一覧

Upploadの使い方

Upploadの実装はドキュメントをご覧ください。

サイトのキャプチャ

Getting started

sponsors

top of page

©2020 coliss