効果的に「奥行き」をデザインに与えているウェブサイトのまとめ

ウェブデザインにスパイスを効かせる一つの方法に、奥行きを与える、があります。フラットなデザインではなく、エレメントを使って奥行きを作り出します。
そんな奥行きを効果的にとりいれたウェブサイトを紹介します。

サイトのキャプチャ

Showcase of Depth and Perspective in Web Design

[ad#ad-2]

元記事では数多くのウェブサイトが紹介されており、その中からいくつかピックアップしました。
※コメントは当方のものです。

サイトのキャプチャ

Wing Cheng
グラフィック・ウェブデザイナーのポートフォリオサイト、奥行きのある蛇腹のパネルが面白い効果を生みだしています。

サイトのキャプチャ

Joyful Giftcard
ヘッダ・背景の固定配置がデザインにスパイスを効かせています。

サイトのキャプチャ

Two Giraffes
キャプチャはフッタ部、ヘッダも印象的なデザインが使用されています。

サイトのキャプチャ

Tim Palmer(※音注意)
メインとなるコンテンツを1ページで構成したサイト。繊細なテクスチャ使いも美しいデザインです。

サイトのキャプチャ

FESP Faculdades
奥行きだけでなく、アニメーションも併用したナビゲーションが印象的です。

[ad#ad-2]

サイトのキャプチャ

BROKENDESIGN
コンテンツではダイナミックなCSS3アニメーションも楽しめます(要Chrome, Safari)。

サイトのキャプチャ

Andrey Fedorenko
特徴的なエレメントの使い方が一度見たら忘れないデザインです。

サイトのキャプチャ

DinoYul
Photosho Loveな1ページで構成されたサイト、コンテンツの切り替えはスピード感があって気持ちいいです。

サイトのキャプチャ

James Good Limited
大胆な奥行きを使ったエレメントが印象的です。ページごとにデザインが異なり、全部見るのも楽しみの一つです。

サイトのキャプチャ

Pleppo.fi
FlashのようでFlashではないサイト。そのダイナミックなナビゲーション機能は、ぜひ一度お試しを。

sponsors

top of page

©2018 coliss