プロのデザイナーがお勧めする! 2021年、お気に入りの英語フォント10選

フォントとタイポグラフィのブログとして世界的に著名なI Love TypographyのJohn Boardley氏による、2021年お気に入りの英語フォントを紹介します。

デザインに合う新しいフォントを探している人は、要チェックです!

2021年、お気に入りの英語フォント10選

My Favorite Fonts of 2021
by John Boardley (@ilovetypography)

下記は各ポイントを意訳したものです。
各フォントは有料で、無料のお試し版やデモ版も用意されています。
※当ブログでの翻訳記事は、元サイト様にライセンスを得て翻訳しています。

はじめに

2021年はよくない理由で、記憶に残る年でした。まるで、去年のリストを10年前に公開したような気がします。しかし、書体デザインにとって、2021年は悪い年ではありませんでした。

私はこのリストの上限を10個に制限すると決意しているため、価値のある多くのフォントを除外しています。去年は50個のフォントをリストに追加しました。時間が許せば、後日2021年分も追加したいと思います。

前置きはこのくらいにして、2021年の私のお気に入りのフォント10選を順不同で紹介します。

Selva

超実力派デザイナーFanny Hamelin氏が手がけたスーパーファミリー「Selva」が、Colophonからリリースされました。スコッチローマン書体のSelvaは、ハードなアングルと魅力的なディテールを備えています。

私が特に好きなグリフは、Selvaの数字の「1」、Selva Scriptの小文字の「w」です。このフォントの最大の驚きは、スクリプトとしても機能することです。このスクリプトファミリーは素晴らしいです!

このスーパーファミリーが使用されたエディトリアルデザインを見ることを楽しみにしています。

Selva

Ninna

Margot Lévêque氏によるNinnaは数年にわたる集大成で、伝統的なローマン書体にバターをたっぷり混ぜたような豪華なフォントです。これはセミスキム書体ではありません。

才能と情熱をもってデザインされたNinnaは、R+O、R+U、V+Oなどの入れ子になった合字や、装飾されたスワッシュ、そしてワイルドなスワッシュやアンパサンドなどを備えています。

テクニカルノート: フォントのスタイルセットに便利な名前をつけたことはボーナスポイントです。デザインするときに多くの時間を節約できます。

Ninna

Platia

タイプデザイナー大曲 都市氏の新たなヒット作です。この書体は、彼が設立したOmega Type Foundryからリリースされた2つの新しい書体のうちの1つです。

Platiaはワイドスタンスの「ウエスタン」スラブセリフ書体で、おなじみの逆コントラストは避け、ソフトなタッチのコントラストを抑えたデザインを実現しています。9つのウェイトがあり、ラテン語に加えてギリシャ語とキリル文字もサポートしています。Platiaは、ギリシャ語で「広い」を意味しています。

注目のグリフ: 「R」や「K」などの文字のカールした脚が大好きです。また、数字の「2」が大のお気に入りです。

Platia

Klooster Thin

David Jonathan Ross氏によるオールキャップスのアルファベットKlooster Thinは、2017年にリリースされた彼のKloosterを独創的にアレンジしたシングルウェイトのアンシャル書体です。Klooster Thinは、あの肉厚なKloosterの字形のスケルトンをいじり、DJR魔法で、まったく新しく、素晴らしいKlooster Thinを手に入れました。

単に文字の太さを変えるだけで、こんなにも変わるのかと驚かされるばかりです。Klooster Thinは全く別の書体のように感じられます。

アンシャル書体とは、4世紀から8世紀にかけて栄えた大文字(オールキャプス)のことです。私のお気に入りのディテールは、「R」と「Y」のテールが合わさったときの「クラッピーハンド」がたまりません(下記の「CENTURY」をご覧ください)。

Klooster Thin

Irregardless

OH no Type Co.のJames Edmondson氏の書体が少なくとも1つなければ、お気に入りリストを作成するのは困難です。Irregardless(生意気な名前もポイントが高い)は一級品です。

コンデンス書体のサンセリフで、特にライトウェイトではスクリプトのように感じられます。丸みを帯びたキャップ(C、D、G、O)の超ワイドな代替フォームとコンテナ形、kaboom!的な爆発から思考のバブルまで、非常にクールです。

Irregardlessのデザインプロセスに関するJames氏自身の記事もおすすめで、優れた多くの洞察と新旧デザイナーへの適切なアドバイスがあります。フォントファミリーは、2つの軸(スラントとウェイト)を持つ可変フォントが含まれています。

Irregardless

Lenora

ル・ポールがBodoniに出会ったような、自信に満ちた、生意気で、最高に豪華なスペリオールタイプの新ファミリー。Vojtěch ŘíhaによってデザインされたLenoraは、ラテン語、ギリシャ語、キリル文字をサポートし、しなやかなライトから奔放なブラックまで6種類のウェイトが用意されています。

お気に入りの機能: 完全にモノリニアにするのではなく、最も軽いウェイトでコントラストをどう処理するかがとても気に入っています。印象的な文字: 低めの小文字の「a」、華やかな「R」、そしてループ状の数字の「2」。イタリック体もあります。

Lenora

Allumi Inline

このフォントは一瞬で気に入りました。リリースされた瞬間、私のリストに入りました。ローマン体の中にイタリック体のインラインが描かれているというコンセプトが気に入っています。

オールキャップス書体であるAllumi Inlineは、「背景」とインラインのカラーを変化させて、一種のレイヤーフォントとしても効果的に使用できます。また、wideとextendedのバージョンがあり、小さいサイズと大きいサイズで最適なオプティカルサイズ(24Aおよび72A)があります。Allumi Inlineは美しく描かれた、素晴らしくエネルギッシュな書体です。

Allumi Inline

Kaligari

絶妙な角度のスクリプト書体は、私にとってすべての正しいボタンを押すようなものです。この種の合理化された文字をどう表現したらいいのか分からないので、とりあえず「表現主義的なブラッシュスクリプト」と呼んでみます。

Kaligariの文字と文字の結合部分、突然の終端部分、そして自信に満ちたリズムが大好きです。Kaligariはシングルウェイトのフォントですが、ウェイトの軽い方と重い方の両方に拡張されることを望んでいます。

Kaligari

Tuppence

ロンドンの有名な書体ファウンドリStephenson Blakeによってリリースされた20世紀初頭の書体BlackfriarsにインスパイアされたTuppenceは、Roberto de Vicq de Cumptichがデザインしたタイムトラベルする逆コントラストの宝石です。

100以上のオーナメントとボーダー、クールなキャッチワード、便利な代替文字、そしてもちろんスワッシュも含まれています。私が特に好きな文字はスワッシュの「H」、他にも「F」「A」「K」のスワッシュされた形、キャッチワード、クラウンオーナメント。

Tuppence

Louche

Loucheの好きなところは、カウンターの「イタリック化」です。どういうことかって?イタリック体の99%は文字が傾斜していますが、Loucheでは文字自体は直立したままでカウンター(文字の内側のスペース)が傾き、イタリック化されています。これは最終的に文字のストレス、つまりウェイトの配分に影響します。そして、このカウンターの歪みと回転が、Loucheの奇妙でオフキルターな外観を作り出しています。

私の好きな文字は、「g」「&」「S」です。

Louche

終わりに

2021年のお気に入りのフォントの中から、特にお気に入りの文字を紹介します。

特にお気に入りの文字

特にお気に入りの文字

あなたのお気に入りフォントを@ilovetypographyにお知らせください。
ここまでご覧いただき、ありがとうございました。
John Boardley

sponsors

top of page

©2022 coliss