新しくアップデートされたAdobe XDでは、Sketchのファイルを開くことができ、レイヤーやシンボルも使えるぞ!

2018年3月のアップデートで、Adobe XDは大幅に機能が強化されました。
その内の一つがPhotoshopとの連携強化。XDで.psdファイルを開くだけで、アートボード、レイヤー、アセットが編集可能な状態で利用できます。

さらに、.sektchファイルにも対応しました。こちらもアートボード、レイヤー、シンボル、エフェクトがそのまま扱える状態で利用できます。

サイトのキャプチャ

参考: Adobe XD 3月アップデートリリース

新しいAdobe XDでは、Sketchのファイルをサポート

という訳で、さっそく試してみました。
まず、Sketchでファイルを作成します。

Sketchのキャプチャ

Sketchで作成したファイル

Sketchのデフォルトのテンプレート「Material Design」を使用し、.sketchファイルを作成したので、Adobe XDで開いてみます。

Adobe XDのキャプチャ

.sketchファイルをAdobe XDで開く

.sketchファイルのアートボード、レイヤー、シンボル、エフェクトも保持された状態で、開くことができました。

Adobe XDのキャプチャ

.sketchファイルをAdobe XDで開く

シャドウ(内側)・シンボルシャドウなど、未サポートなものもありますが、かなり実用的なレベルだと思います。未サポートの一覧は、XD で Sketch ファイルを開くときにサポートされる要素に掲載されています。

無料の.sketch素材も試してみました。

Adobe XDのキャプチャ

Now UI Kit

これでSketchファイルをちょっと見てみたい、ちょっと編集したい、だけでなく、Sketchファイルをベースにデザインを作成したい、という時にかなりいいですね。

そして今後、機能やプラグインも利用できるようになったら、、、

新しいAdobe XD その他の新機能

今回のアップデートでAdobe XD 6.0.12.6になり、デザイン生産性の向上に関する機能が強化されました。

Photoshopとの連携強化

Adobe XDから直接.psdファイルを開くことができ、アートボード、レイヤー、アセットが自動的に編集可能な状態としてXDファイルに変換されます。

いくつか未サポートの機能があります。
Photoshop ファイルを XD で 開くときにサポートされる要素

ドキュメント間でのシンボルのコピー&ペースト

シンボルとしての状態を保ちつつ、シンボルをドキュメント間でコピー&ペーストできるようになりました。

グループ化されたエレメントのスタイル編集

グループ化されたエレメントすべてのスタイル(塗りと線)を一度に変更できるようになりました。

スクロール可能なアートボードの機能強化

スクロール可能なアートボードのビューポート設定が、キャンバス上で直接行えるようになりました。

無償UIキットの公開

Adobe XD用のワイヤーフレーム用の素材がダウンロードできるようになりました。スマホ用とWeb用が用意されています。

サイトのキャプチャ

無償UIキット: スマホ用

サイトのキャプチャ

無償UIキット: Web用

ダウンロードは、下記ページから。

サイトのキャプチャ

Adobe XD 無償UIキット

ページのちょい下「UIキットを取得」からダウンロードできます。

sponsors

top of page

©2018 coliss