Adobe Creative Cloudの次期バージョンは、Windows 8.1, 10(古いバージョン), Mac OS X 10.11のサポートが終了

Adobe Creative Cloudの次期バージョンでは、Windows 8.1, Windows 10(v1511, v1607), OS X 10.11はサポートを終了すると、Adobeの公式ブログでアナウンスがありました。

次期メジャーリリースはおそらく今年の秋だと思われますが、対象のOSを使用されている人は注意が必要です。

サイトのキャプチャ

Upcoming Changes to Creative Cloud OS Support for Windows and Mac

Adobe Creative Cloudの次期メジャーリリースでは、以下のOSはサポートされない、とのことです。

  • Windows 8.1
    ※2018年1月9日にメインストリーム サポート終了。
  • Windows 10(v1511, v1607)
    ※v1511は2017年10月10日、v1607は2018年4月10日にサービスの終了。
  • OS X 10.11(El Capitan)
    ※2018年8月にサポート終了。
    ※macOSの表記は、10.12以降

注意が必要なのは、対象が「Adobe Creative Cloud」であることです。次期メジャーリリースでアップデートが予定されるほとんどのCreative Cloudのアプリケーションは、引き続きWindows 7がサポートされます。

Windows 8.1, Windows 10(v1511, v1607), OS X 10.11を使用している場合は、現行および以前のバージョンのCreative Cloudアプリケーションは引き続きインストールして、実行できます。ただし、Creative Cloudの次期メジャーリリースをインストール、または実行することはできません。

アプリケーションのインストールを管理するCreative Cloud Desktopは、Windows 7以降とOS X 10.9以降を引き続き、サポートします。

Photoshop, Illustratorなど、各アプリケーションの最新のサポート情報は、下記ページをご覧ください。

sponsors

top of page

©2018 coliss