英語サイトで気をつけたい14のデザインのポイント

Just Creative Designのエントリー「13 Signs You’re A Bad Graphic Designer」から、英語サイトで気をつけたい14のデザインのポイントの紹介です。
※タイトルは13とありますが、14ありました。

13 Signs You’re A Bad Graphic Designer

Fig:1
  1. なんでもかんでも、Helvericaフォントを使用しない。

Fig:2
  1. ストレートタイプのクォートを引用符として使用しない。
  2. 引用符は「Right」にあるように、テキストのツラを揃えて使用する。
Fig:4
  1. 見出しやパラグラフに、無駄な空白行を使用しない。
Fig:5
  1. 文章の後のスペースは、2つではなく、1つにする。
Fig:6
  1. 無意味にテキストをボックスで囲まない。
    空白スペース、異なるフォントなどを検討する。
Fig:7
  1. 無意味にテキストを中央揃えにしない。
Fig:8
  1. 全ての境界にボーダーを使用しない。
    空白スペースを有効に活用する。
Fig:9
  1. インデントは1/2インチではなく、1emにする。
Fig:10
  1. リストのマークに、ハイフン(-)を使用しない。
Fig:11
  1. 無意味にテキストにドロップシャドウを使用しない。
Fig:12
  1. 12ポイント相当の文字サイズは、大きいです。
Fig:13
  1. リンク以外で、アンダーラインを使用しない。
Fig:14
  1. 可読性に欠けるため、全てを大文字にしない。

sponsors

top of page

©2018 coliss