ユーザーにウェブサイトの信頼感を与えるための10のガイドライン

ユーザーが安心してウェブサイトを利用できるように、ウェブサイトの信頼感を与えるためのガイドラインを紹介します。

ガイドラインのキャプチャ

Stanford Guidelines for Web Credibility

[ad#ad-2]

ガイドラインは少々古いものですが、現在でも通用するものではないかと思います。

下記は10のガイドラインとその簡単な説明を意訳したものです。

  1. ウェブサイトの情報や記事が正確なものであるか実証することを簡単にする。
    これらの証拠となる第三者やベースとなる資料へのリンクを掲載することで、ウェブサイトの信頼性をつくることができます。これらのリンクをクリックしないとしても、人々はあなたの情報や資料に対して信頼を示します。
  2. ウェブサイトの運営組織、または運営者を明らかにする。
    ウェブサイトが合法的な組織によるものであることを明示することは信頼性を引き上げるでしょう。一番簡単な方法は物理的な情報をリスト化することです。公示可能なオフィスの写真やメンバーをリストします。
  3. 提供するサービスにおける専門的な知識を強調してください。
    得意分野・専門分野が何かありますか? もしあれば必ずそれが分かる証明書のようなものを明示してください。また、提携している有名な組織があれば、それを明確にしてください。
    逆に、信用できないサイトへのリンクは掲載しないでください。あなたのサイトは信用できないサイトと同等に扱われます。
  4. 正直で信頼のおける人々がサイトを支えていることを明示してください。
    1では運営者に関することを示しました。次に画像やテキストを用いて、その信用を伝える方法を見つけだしてください。例えば、従業員の人柄や趣味に関するものなどもよいでしょう。
  5. 連絡手段を容易にしてください。
    ウェブサイトの信頼性を引き上げるシンプルな方法は、あなたへの連絡手段を明確にすることです。メールアドレスや電話番号、物理的な住所の掲載など。
  6. ウェブサイトのデザインを目的にあった適切なものにする。
    多くの人々はサイトをウェブデザインの見た目で評価します。それが目的に適切であり、プロフェッショナルであるかということです。ウェブサイトを設計するときには、レイアウト、イメージ、タイポグラフィなどに注意を払い、一貫性が付与されるように気を配ってください。
    もちろん、それは有名なサイトのデザインをそっくりそのまま真似ることを意味するものではありません。
  7. サイトを使いやすく、有用なものにする。
    ここでは二つのポイントを一つにしています。使いやすくすること、有用であることは、サイトが信頼性を得るために重要なポイントです。利用するユーザーの立場にたち、サイトを設計してください。
  8. 更新することを忘れないでください。
    人々からさらに多くの信頼性をもつためには、サイトの更新や再検討したことを明示してください。
  9. プロモーションコンテンツ(広告や申し込みなど)は制限する。
    もし可能であれば、サイトで広告をもつこは避けてください。広告をもつ場合は、コンテンツと明らかに区別できるようにします。広告を多くを表示しているページは、ユーザーを悩ませ、そして信頼性を失うことに繋がるでしょう。
  10. 誤字脱字を避ける。
    誤字や脱字、リンクミスは、たいていの人々が想像するよりもサイトの信頼に多くのダメージを与えます。

sponsors

top of page

©2018 coliss