WordPress2.3へアップデートする際に問題点をチェックできるプラグイン -Upgrade Preflight Check

2007年9月25日にリリースしたWordPress 2.3は、今までのものに比べ仕様が大きく変更されています。
Upgrade Preflight Checkは、その仕様の変更で問題を起こすプラグインとテーマをチェックできるプラグインです。

WordPress Upgrade Preflight Check

日本語版のWordPress ME2.3は、2007年9月28日現在公開されていません。
WordPress Japan

Upgrade Preflight Checkの導入方法

  1. 下記ページより、「Upgrade Preflight Check」をダウンロードします。
    WordPress Upgrade Preflight Check
  2. ダウンロードした「upgrade-preflight.zip」を解凍します。
  3. 解凍した「upgrade-preflight」フォルダをプラグインフォルダにアップロードします。
    例:/wp-content/plugins/
  4. 管理画面の [プラグイン] 画面で、「Upgrade Preflight Check」の「アクション」の「有効化(Activate)」をクリックします。
    プラグインの有効化に成功すると、[各種設定] 画面のタブに「Upgrade Preflight」が追加されます。
  5. 以上で、導入は完了です。

Upgrade Preflight Checkの仕様方法

  1. [各種設定]画面のタブから「Upgrade Preflight」をクリックし、「Upgrade Preflight」のページを開きます。
  2. すると、プラグイン、テーマの順番に2.3への対応が可能かどうか表示されるので、「Problems Found」の欄にコメントが記載されたプラグイン・テーマファイルは最新版が無いか確認します。
  3. ページにも記載されていますが、2.3への対応状況はWordPressでのサイトで最新情報を入手するようにしてください、とのことです。

参考:WordPress2.3で動作しないプラグインのリスト

sponsors

top of page

©2018 coliss