個別にメタタグを記述できるWordPressのプラグイン:Add-Meta-Tags

WordPressで生成したページに、個別にメタタグのkeywordsとdescriptionを設定できるプラグイン「Add-Meta-Tags」を導入しました。

Add-Meta-Tagsのキャプチャ画像

「Add-Meta-Tags」を導入することにより、サイト全体のkeywordsとdescriptionを管理画面より変更することができます。
また、トップページ、カテゴリページ、個別ページごとに個別のkeywordsとdescriptionを記述することもできます。

「Add-Meta-Tags」は、WordPress 1.5.2 - 2.1.x に対応しているようです。
ここでは、ME2.0.5で導入しています。

Add-Meta-Tagsの導入方法

  1. 下記ページより、Add-Meta-Tagsのプラグインをダウンロードします。
    Add-Meta-Tags WordPress Plugin
    「Download」の「add-meta-tags.zip」をダウンロード。
    2007年8月28日、日本語に翻訳したものを当サイトで公開しました。
    Add-Meta-Tags日本語版
  2. ダウンロードした「add-meta-tags.zip」を解凍します。
  3. 解凍した「add-meta-tags.php」をプラグインフォルダにアップロードします。
    例:/wp-content/plugins/
  4. 管理画面の [プラグイン] 画面で、「Add Meta Tags」の「アクション」の「有効化(Activate)」をクリックします。
    プラグインの有効化に成功すると、[オプション] 画面のタブに「Meta Tags」が追加されます。
  5. 以上で、導入は完了です。次に設定します。

Add-Meta-Tags(1.2)の設定方法

ここでは、個別ページにメタタグのkeywordsとdescriptionを設定する方法を紹介します。

  1. 個別ページの編集画面を開きます。
  2. 「カスタムフィールド」の「カスタムフィールドを追加:」を編集します。
  3. keywordsを設定する場合は、「キー」の欄に「keywords」と記述し、「値」の欄にキーワードを記述します。
    複数のキーワードを設定する場合は、「,」で区切ります。
    例:WordPress,個別設定,メタタグ,keywords,description
  4. descriptionを設定する場合は、「キー」の欄に「description」と記述し、「値」の欄に説明文を記述します。
    例:WordPressで生成したページに、個別にメタタグのkeywordsとdescriptionなどを設定できるプラグイン「Add-Meta-Tags」を導入しました。
  5. 記述が完了したら、「カスタムフィールドを追加」ボタンをクリックして、アップデートします。
    ※各テキストの修正は、カスタムフィールドで行えます。

sponsors

top of page

©2018 coliss