サイト構築 -JavaScript

最近のWebサイトで使われている、レスポンシブ対応のページレイアウトに役立つスクリプトのまとめ

Post on:2016年2月12日

レスポンシブ対応のカード型レイアウト、中央で分割されたレイアウト、動画や画像や幾何学模様を背景に配置したり、画像やコンテナのサイズをデバイスごとに最適化したりなど、ページのレイアウトに役立つスクリプトを紹介します。 st

...記事の続きを読む

[JS]スマホもOK!縦長ページやスライダーでコンテンツをさまざまなアニメーションで表示させるスクリプト -pageSwitch

Post on:2016年1月25日

縦長ページで次のコンテンツを表示する時、画像やテキストを配置したコンテンツスライダーで、すぅーとスライドさせたり、ぱたり、くるり、ぐい~んなど、ブラウザいっぱいのコンテンツやパネルをさまざまなアニメーションで表示させるス

...記事の続きを読む

[JS]アニメーションを使った快適操作がすごい!レスポンシブ対応のフリップコンテンツを実装する軽量スクリプト -jQuery Flipster

Post on:2016年1月15日

レスポンシブ対応、タッチデバイス対応、CSS3アニメーションを使った快適操作が気持ちいいさまざまなフリップコンテンツが実装できる軽量(5kb)のスクリプトを紹介します。 パタパタ、クルクル、ペラペラ、本当に気持ちよく動き

...記事の続きを読む

[JS]スマホ・タブレット・デスクトップ時代のクロスブラウザ対策にかなり役立つ便利なスクリプト -Feature.js

Post on:2016年1月12日

スマホ・タブレット・デスクトップのブラウザがさまざまな機能(WebGL, Canvas, rem unit, async属性、タッチイベントなど)に対応しているか判別し、その判定を利用することができる超軽量(1kb)スク

...記事の続きを読む

2015年総まとめ、jQueryのプラグインとスクリプト100選

Post on:2015年12月17日

毎年恒例のjQueryのプラグインとスクリプトの総まとめを紹介します。「100選」の名称は恒例なので、実際は100以上あります。 今年目立ったのは、ランディングページなどの縦長ページ系、スクロールエフェクト系・CSSやS

...記事の続きを読む

[JS]一歩進んだレスポンシブ用の画像配置!見せたいエリアを中心に配置を美調整するスクリプト -ResponsifyJS

Post on:2015年11月30日

レスポンシブ用に画像の表示幅・高さを変更する際に、その画像の主題にフォーカスエリアを設定し、そのエリアを中心に画像を表示できるスクリプトを紹介します。 フォーカスエリアは、それぞれの画像ごとに異なる指定が可能です。 Re

...記事の続きを読む

[JS]縦長ページに面白い仕掛けや便利な機能を実装できるスクリプトのまとめ

Post on:2015年11月25日

縦長のランディングページなどで見かける気持ちいいインタラクションやエフェクト、面白い仕掛けのコンテンツや便利な機能を実装できるスクリプトやjQueryのプラグインを紹介します。

[JS]ありそうでなかった!スクロールエフェクトのベースになるさまざまな値を取得するシンプルな超軽量スクリプト -roll.js

Post on:2015年11月19日

縦長ページのスクロールを利用したエフェクトに必要なさまざまな値、スクロール量、ポジション、ページネーションなどを正確に取得することに特化された超軽量(3kb gzip)のスクリプトを紹介します。 作者様曰く、これ系のシン

...記事の続きを読む

Webページを印刷する時に便利!不要な部分を除いたりスタイルを最適化して印刷できる -The Printliminator

Post on:2015年11月18日

Webページを印刷する時に、うまく収まらず残念な思いをしたことはありませんか? 縮小したり、紙のサイズを変えたりも手ですが、不要な部分を除いてしまうのも手です。 ページ上の不要な部分をクリックで簡単に削除して、印刷できる

...記事の続きを読む

jQueryの必要としない機能を削除して軽量化できるオンラインサービス -jQueryConfig

Post on:2015年11月16日

jQueryを使用する時、毎回全部の機能を使用していますか? 必要としない機能を削除して、あなたが使用する機能だけのjQueryを作ることができるオンラインサービスを紹介します。 jQueryConfig jQueryC

...記事の続きを読む

 Prev 1 2 ... 4 5 6 ... 119 120 Next

top of page

©2017 coliss