Photoshop CC 2015.5は長年の悩みも解決するかなり良質なアップデート!よく見ないと気がつかないけど、テスターに絶賛された新機能

Adobe Photoshop CC 2015.5のアップデートは正確な切り抜きや選択範囲が簡単にできたり、切り抜きツールのコンじる、フォントのロード時間短縮など、便利な新機能が満載ですが、その中でも見過ごしがちな、でも非常に便利な新機能を紹介します。

グラフィック的に派手な機能に目がいきがちですが、ここで紹介する機能を待ち望んでいた人も多いと思います!

サイトのキャプチャ

Adobe Photoshop

※Adobeの画像の掲載にあたり、Adobeの広報様に許可を頂いています。

CC 2015.5の新機能については、下記ページをご覧ください。

気がつかずに見過ごしていたのは、はい、私です。

テスターから絶賛を受けた便利な新機能

テスターから絶賛を受けた便利な新機能は、「レイヤーの合成値」です。

サイトのキャプチャ

Photoshop CC バージョン2015.5 提供開始
※下の方に小さく書かれています。

この機能は下記のように複数の調整レイヤーを使用した画像で、情報パネルのカラー値に見た目の最終的なカラー値を表示できるようになります。

Photoshopのレイヤー

複数の調整レイヤーを使用した画像
※分かりやすくするために、画像はベタ塗りです。

CC 2015以前の情報パネルのカラー値を見てみましょう。
スラッシュ区切りで、左:補正前の値「45,149,0」(選択レイヤーまでの値)、右:補正後の値「66,191,0」(選択レイヤーの値)、でカラー値が表示されています。

Photoshopの情報パネル

今までのカラー値の表示: トーンカーブを選択

トーンカーブのレイヤーを選択した状態だと、カラー値はトーンカーブまでの値で、その上のレイヤーは反映されません。
しかし、この時に知りたいのはトーンカーブまでの値ではなく、調整レイヤーを適用した全ての値(最終的な見た目の値)です。

レイヤーの選択を変更すると、カラー値が変わります。
左の補正前の値「66,191,0」がトーンカーブ選択の補正後の値と同じになっているのが分かると思います。右の補正後の値が見た目のカラー値になります。
この「70,203,0」の値がトーンカーブを編集中にも必要です。

Photoshopの情報パネル

今までのカラー値の表示: 明るさ・コントラストを選択

今まではこのように選択したレイヤーを基準にしたカラー値が表示されていましたが、CC 2015.5では見た目の最終的なカラー値を常に表示することができます。

CC 2015.5で見てみましょう。
常に見た目の値を表示するため、スラッシュ区切りはありません。

Photoshopの情報パネル

CC 2015.5の情報パネル: トーンカーブを選択

選択レイヤーを変更しても、見た目の最終的なカラー値「70,203,0」を表示します。

Photoshopの情報パネル

CC 2015.5の情報パネル: 明るさ・コントラストを選択

設定変更は簡単です。
情報パネルの右上から情報パネルオプションを開きます。

情報パネルのオプション

情報パネルのオプション

下方にある「合成カラー値を常に表示する」をチェックします。
デフォルトではチェックされていません。

情報パネルのオプション

情報パネルのオプション

これで選択レイヤーの値ではなく、いつでもその目で見えている最終結果のカラー値が表示されます。

top of page

©2017 coliss