ウェブ制作のための文章術:読点の使い方

読む時もそうですが、文章作成をしている時も読点「、」の使い方がすごい気になります。
意識しないで文書を作成していると、読点をつい多用してしまいます。

以下に、読点の使い方をまとめてみました。

  • 言葉のかかり受けを明確にする時に用いる読点
    文章を誤読されないために使用します。
  • 分かち書き時に用いる読点
    読点の箇所で文章の内容を分けます。
  • 前後の言葉の強調を促す時に用いる読点
    コピーやキャッチなどにも多く見られる使い方です。
  • 時間の経過を表す時に用いる読点
    「そして」などの代用です。
  • リズムを生み出す効果をねらう読点
    同じ助詞が続くなど、口調を整えるために使用します。

top of page

©2017 coliss