IE7とIE6を共存させる:その2

以前、当サイトで紹介したIE7とIE6を共存させる方法とは別の方法が、マイクロソフトの公式ブログ:IEBlogに紹介されていました。

IE7とIE6を共存させる(コリス)

IE6 and IE7 Running on a Single Machine(IEBlog)

Virtual PCでIE6を起動している画面

当サイトで、

  • IE7をベースにしてIE6をスタンドアローンで起動する
  • IE6をベースにしてIE7をスタンドアローンで起動する

を紹介しましたが、IEBlogで紹介されているのは、Virtual PCを使用するものです。

マイクロソフトから配布されているフリーのVirtual PC 2004上に、Windows XPを起動させ、IE6(IE7)を起動します。
Virtual PC上なので、動作はもたつきますが検証用としては支障はないと思います。

Virtual PCにインストールするWindows XPは、同じくマイクロソフトから配布されている「Internet Explorer 6 Testing VPC Image」を使用することにより、新たにWindows XPのライセンスを購入する必要はありません。
※2006年12月現在、Windows XPの配布は英語版のみです。
※Internet Explorer 6 Testing VPC Imageの使用は、2007年4月1日までです。

英語版の検証用としても、最適かもしれません。

IE6とIE7を1つマシンで動作させる方法

  1. 「Virtual PC 2004」をマイクロソフトからダウンロードします。
    Virtual PC 2004のダウンロードページ
  2. ダウンロードした「Virtual PC 2004 SP1.zip」を解凍し、「setup.exe」をクリックしてインストールします。
  3. 「the Internet Explorer 6 Testing VPC Image(495 MB)」をマイクロソフトからダウンロードします。
    the Internet Explorer 6 Testing VPC Imageのダウンロードページ
  4. ダウンロードした「IE6AC_VPC.EXE」をクリックし、任意の場所に「VPCイメージ(IE6Test.vhd)」をインストールします。
  5. 「Virtual PC 2004」を起動して、設定を行います。
  6. 「新規」を選択し、「バーチャル マシンの作成」を選択し、「次へ」進みます。
  7. 適当な「名前」を入力し、「次へ」進みます。
  8. オペレーティング システムに「Windows XP」を選択し、「次へ」進みます。
  9. 割り当て RAMは、ひとまず「推奨 RAMを使用」を選択し、「次へ」進みます。
  10. 「新しいバーチャル ハードディスク」を選択し、「次へ」進みます。
  11. 名前と場所に、インストールした「VPCイメージ(IE6Test.vhd)」を参照より選択し、「次へ」進みます。
  12. 「完了」ボタンをクリックして、設定の完了です。
  13. Virtual PC コンソールから設定したPC環境を選択し、「起動」をクリックすると、Windows XP 英語版が起動します。
  14. IE6のショートカットがデスクトップにあります。
    必要に応じて、IE7へアップデートしてください。

top of page

©2017 coliss