サイト構築 -JavaScript

[JS]スマホの「プルダウンするとリフレッシュ」を簡単に実装できるスクリプト -PulltoRefresh.js

Post on:2016年12月12日

スマホやタブレットの便利操作、プルダウンするとリフレッシュできる機能をページに簡単に実装できるJavaScriptの軽量ライブラリを紹介します。 リフレッシュは範囲やトリガーを設定でき、通常のプルダウンしてリフレッシュす

...記事の続きを読む

2017年に注目しておきたい、JavaScriptのライブラリのまとめ

Post on:2016年11月28日

数多くあるJavaScriptのライブラリの中で、どれを勉強すればいいか判断することはなかなか難しいものです。いくつかのライブラリは放置され衰退し、またいくつかは急速に成長し、広範囲に採用されることがあります。 jQue

...記事の続きを読む

[JS]縦長ページのスクロールエフェクトはこれが使いやすい!ビューポートをトリガーにしたスクリプト -in-view.js

Post on:2016年9月5日

ページをスクロールして、要素が表示された時にアニメーションを適用するエフェクトは非常に人気が高いですね。 要素がビューポートに入った時、そして出る時にそれぞれアニメーションを適用できる他のスクリプトに依存なし、超軽量(1

...記事の続きを読む

配色が苦手な人に!写真やイラストに使用されているカラーから画像を引き立たせる美しいグラデーションをつくりだすスクリプト -Grade.js

Post on:2016年8月25日

写真やイラストに使用されているカラーの中から、主要なカラーを選び出し、その画像を引き立たせるグラデーションをつくりだすスクリプトを紹介します。 Grade.js Grade.js -GitHub

[JS]矩形やラインが移動するナビゲーションのホバーエフェクトを簡単に実装できるスクリプト -HoverSlippery

Post on:2016年7月21日

リスト要素で実装したナビゲーションに矩形が移動するラーバランプエフェクト、シンプルなラインが移動するホバーエフェクトを簡単に実装できるスクリプトを紹介します。 HoverSlippery -GitHub

[JS]これを使うだけでWebサイトのインタラクションやレイアウトがかなりよくなる、便利でちょっとずるいスクリプトのまとめ

Post on:2016年7月15日

縦長ページのスクロール エフェクトで再スクロールや上にスクロールする時にも適用したい、高さ指定のない画像を読み込む時にスクロールバーががっくんがっくんするのを避けたい、美しいレイアウトを簡単に実装したい、そんな便利でちょ

...記事の続きを読む

[JS]非常に高速でシームレスなページ遷移を実現する超軽量のスクリプト -Barba.js

Post on:2016年6月30日

Webサイトを見ていてページを遷移する時に、読み込みがやたら速いサイトに出会ったことはありませんか? PJAXを使い、通常のリンクのアクションによるハードリフレッシュをなくし、HTTPリクエストと描画を最小限に抑え、更に

...記事の続きを読む

こんなに美しいレイアウトがシンプルなHTMLで簡単に実装できるスクリプト -Multiple.js

Post on:2016年6月22日

半透明の美しいグラデーションが複数のパネルにまたがり、背景を続き画像として配置するスクリプトを紹介します。 非常にシンプルなHTMLで実装でき、デモを実際に見るとその美しさに感動すら覚えます。 Multiple.js M

...記事の続きを読む

[JS]埋め込みはこれでOK!Google Mapも動画も音楽もコードもツイートも簡単に埋め込めるスクリプト -embed.js

Post on:2016年6月14日

Google Mapをはじめ、YouTube, Vimeo, Vine, TEDなどの動画、SpotifyやSoundCloudなどの音楽、GitHub, CodePen, JS Binなどのコードなど、さまざまなメディ

...記事の続きを読む

[JS]コンテンツに応じたレスポンシブデザイン!要素の幅や高さや数に基づいてスタイルを定義できるスクリプト -EQCSS

Post on:2016年6月10日

レスポンシブ対応のWebページを制作する時に「Media Queries」を使用する人は多いでしょう。Media Queriesはメディア、いわゆるデバイスの幅や高さや解像度や種類に基づいて、スタイルを定義できます。 こ

...記事の続きを読む

 Prev 1 2 3 4 5 ... 119 120 Next

top of page

©2017 coliss