商品・プロダクトの写真を美しく見せる時に、気をつけたい基本的な8つのポイント

商品・プロダクトの写真を撮る際、ありがちなやってはいけない8つの間違いを紹介します。

サイトのキャプチャ

8 Common Post-production Mistakes in Product Photography

下記は各ポイントを意訳したものです。
※各写真の左は、間違いを強調したものです。

背景がくすんでる

商品写真の背景をホワイトと決めたら、グレーではなくホワイトにしてください。
グレーの背景にするのであれば、グラデーションにするとより美しいです。

サイトのキャプチャ

水平線が平らじゃない

撮影をする際は、水平線に充分に注意してください。写真を確認する際は、Photoshopのガイドで行うとよいでしょう。

サイトのキャプチャ

なんだか汚い

商品の写真を撮る時はカメラや商品のほこりをきれいにすることを必ず確認します。ほこりが写っている写真はプロ的ではないでしょう。

サイトのキャプチャ

コントラストが充分じゃない

主題のコントラストが足りない時は、Photoshopのレベル補正やトーンカーブで調整しましょう。

サイトのキャプチャ

明るさが足りない

明るさが必要とされるべき箇所は明るくするべきです。写真で明度が足りない場合は、Photoshopの覆い焼きツールなどで調整します。

サイトのキャプチャ

ホワイトバランスが間違ってる

デジタルカメラのホワイトバランスは重要です。白は白くでるようにします。

サイトのキャプチャ

遠近感がおかしい

焦点距離を変更できるのであれば、主題にちょうどよい遠近感で撮影するようにします。

サイトのキャプチャ

リアルじゃない

例えば鏡面反射にする場合、主題が美しく映えるようにします。

サイトのキャプチャ

top of page

©2017 coliss